【会員限定】本当に勝てるEAとは何かの究極解 ヒントはブローカーのタイプそのものにある

お断り 本記事は途中からぼかしをかけており、全文は会員限定記事としています。あしからずご了承ください。

少しでも参考にしていただければ、と思います。

究極の解がブローカーの定義に眠っているのに、誰もそのことを語らない

A-Book、B-Bookとちょっと訳知り顔の紹介者たちは騒ぎ立てる。しかしその本質を分かっている人は案外少ない。実際のトレーダーだってそうだ。

実際の儲かって手元にお金が入ればそれでいい、と考えたり、紹介報酬を永続収入に代えることができたらそれでいい、からかもしれない。

確かに、AであれBであれ、儲かりさえすればそれでいい。それどころか、実はA/B論争というのは、時を経て形骸化している傾向がある。

A/B論争の成り立ちと行方

特に私が詳しい歴史を知っているというわけではないが、この論争に関しての成り立ちと流れは以下のようになっているとしか思えないので、記しておく。より詳しい事情をご存じの方は鼻で笑っていただきたい。

「青い鳥」を探し始めて最初の人間が実際のトレードの現場で何を欲したのかを想像してみよう。

さて、このくらいにして本稿は閉じるとしよう。

未分類

【コラム】投資は余裕資金で行うべき? 資産形成の観点から考える。
投資というのは余裕資金で行うべきなのか? 考えたい。 銀行金利より高いリターンが望めるなら借りるべき 見出しで度肝を抜かれた人もいるかもしれないが、これが今の投資行動の主流と言って間違いはない。 かぼちゃの馬車や大東建託、東建コーポレーション、レオパレスなどのオーナーの一括借り上げ制度、にとどまらずマンション投資のスルガ銀行融資など、それらのスキームの源泉は、銀行から借りた利息よりもリターンが上回っているかどうかという点である。 基本的に物件を購入するとき、ローンは必須になる。その数十年のローンに対しての賃借料(+減耗後の資産価値)が上回るという見込みでマンションを購入するわけだから、冒頭の見出しとうのは至極普通の理論なのである。もう一度改めると、 (投資のリターン(年利))>(銀行金利(年利)) のとき、投資行動を行う”べき”となる。もちろんリスクとの兼ね合いもあるので、これを行う行わないは自己責任になる。 過去預金利息が高かった時代で言えば、 (投資のリターン(年利))>(銀行利息(年利)) の時に投資を行う人が多く、この一つの末路としてバブルおよびそ

続きを読む

【詐欺とは言わないが】低質なnote系トレーダーにはご用心! 業界ぐるみで君を騙そうとしている
【会員限定】本当に勝てるEAとは何かの究極解 ヒントはブローカーのタイプそのものにある
IB業者(ブローカーを紹介して報酬をもらう人)は果たして悪か? その存在意義を考える

「未分類」記事をもっと見る