【裏事情】Tradeviewの正体 安いのに知名度が低い理由とIBの真実が本気でわかる

※本稿は当方が資料などから客観類推したものであり、想像の域を出ませんのでご注意ください。

全ての謎を解くカギ

本稿は少しヤバいやつかもしれない。TV側に消すように言われる可能性もあるし、てんで的外れだから何も言われない可能性もある。

むしろスルーしておいたほうが無難だから、その選択を取る可能性もある。

ともかく今回の話はとても重要なので、いろいろな記事で同様の話題をするかもしれないが、本筋はこの記事であると思ってくれていい。

TVはホワイトラベル供給元である。

このことはTVがA-bookかどうかを調べる過程で表出する結果である。

上述の記事をすでに読まれた方の何人かはすでに”察し”がついていたと思う。

[aside type=”normal”]ホワイトラベル:一次提供者のシステムを借りて運用している会社のことをいう。日本にも多い。[/aside]

要はTVは他のFX会社の親玉であり、他の会社の活動を阻害しないため、自らは宣伝をほとんどしないのである。

ちなみに当サイトでも掲載しているTVのチラシをよく見ると以下のことがわかってしまう。

もしかしたら当方も専門サイトを持てるのかと思って問い合わせると、

[voice icon=”https://lh-fx.com/wp-content/uploads/2019/05/img_5ce966e7a507b.png” name=”TVチーフ” type=”l”]恐れ入りますが、金融機関やホワイトラベルの方が対象となっております[/voice]

という回答が。ここでも答えの一端が垣間見えたが、どうやらホワイトラベルの方はTVのようなサイトを無料で持てるということらしい。

だからなんだっての?

このことから極めて重要なことがわかる。

それは、TVを直で使うのがどう考えても一番手数料が安いということだ。

他社からプラットフォームを借りているのではなく、完全自前なのだから、それを直接使う方が安いでしょ、ということ。

我々は極めて原価に近い形でトレードができるのだ。こんなことがあっていいのだろうか?

ホワイトラベルは当然手数料が上乗せされる高い

私が推察するに、日本でもTradeviewのエンジンを利用しているFX業者はすでに存在すると思う。

彼らのスプレッドや手数料は、人件費や運用コストなどを考えると、TVの原価よりも当方の供給価格よりも確実に高くなることは火を見るよりも明らかであろう。

運用させる側のメリット

Tradeview自体は日本では無登録業者となっているが、国内でホワイトラベル提供をして、名前を変えれば、登録することが可能になる場合もある

むしろGemForex*など、そこそこ有名なブローカーも、ホワイトラベルの国内業者の存在を示唆していることから、すでに金融庁に登録している業者も少なくはなさそうである。

[aside type=”normal”]無登録の日本企業のFXブローカーは存在しないと思っておいた方がよい[/aside]

看板の架け替えによって子分が合法的に活躍できるのであれば、親玉はその名前で世界進出する必要はないのである。どのような形態でも取り分は変わらないのだし。

※参考:https://gforex.asia/partners_menu/whitelabel.php

IBの本質

ではIBがなぜ存在するか、を改めて考えてみたい。

「金融庁や財務局で規制されている海外FX業者は国内での広告活動を制限されているから、それを個人に委ねている」などと多くのサイトでは紹介されているが、本当にそれだけだろうか?

もちろんこれも大筋で正しい。しかしここまで考察した我々には、「同国で展開しているホワイトラベルの活動を邪魔しないため」という事情も見えてくる。

いや、下手するとこちらの方が主な事情なかもしれない。

TVの開設に期限はあるかも

ところで気を付けなければならない事実が一つある。

おそらくTV側が一般に門戸を開放するのは期限があるということだ。

実は手数料が世界最安級のILC口座の開設のために必要な資金は、通常であれば25000ドルであるとされている。

これが期限延長を重ねて、入金ハードルを下げているのである。

ということは、いつこのキャンペーンが打ち切られてもおかしくないし、最悪「これからはホワイトラベルで開設してくれ」と言われる可能性もないことはない。

TVで口座開設、思い立ったら吉日である。

特報! Project OPA カウントダウン開始!!

以下はまだ未定稿ではございますが、いち早く情報を得られたい方は、お気軽にお問い合わせください。すでに多くの方から連絡を頂戴しております。

 

時は令和、AI時代の火蓋が切って落とされました。

AI時代には過去のトレードロジックは意味のないものとなるのでしょうか?

手動トレードと自動トレード、どちらがいいのでしょうか?

今回は皆様が常々抱いている全ての固定観念をぶち壊すお話と、世界最高峰と自負する完全オリジナルEA(FXの自動売買ソフト)、そして、長年信頼と実績の「WallStreet Forex Robot」という、EAをお届けしたいと思います。

この記事に出会ったあなたは、きっと自動売買と、手動取引両面の真理について、多くのトレーダーよりも詳しくなっているとともに、真実の世界を垣間見ることとなるでしょう。

  • Sentiment Analysis日本語訳版(4,200円)
  • Wallstreet Forex Robot 正規ライセンス(37,000円)
  • PBEA(自動売買ツールfor Japanese)(39,800円)
  • OPA(自動売買ツール)(1,500,000円~PRICELESS)
  • Tradeview優待口座(PRICELESS)
  • その他の個別サポート

※すべての特典を受けるためには、口座開設金額等に条件がございます。

これらの全貌を知りたい方は以下から

OPA最新情報!全ての頂をあきらめない

 

現在鋭意開発中のOPAに関し、EA業界全体の問題点およびその解決に向けた努力についての一方が寄せられました。今までのEAの究極の問題点に言及しつつ、それを超越しようとする努力のほどがうかがわれています。

現状としては結果は多少改善されているものの、本番環境に実装できるまでには至れていないというのは事実です。それを超越することをあきらめないThang。彼の未来、そして我々の未来に栄光あれ!

Tradeviewについて

【2019年11月11日速報】MT5よりMT4の方がスプレッドは狭い! というかMT4が狭くなりすぎた!! 当面はMT4が好まれるか?
利用者よりご指摘があり本社に確認したところ、確かにMT4のほうがMT5よりスプレッドが狭いという状況になっているようです。 というか……MT4のスプ、狭すぎるwwww ユロドルはともかく、ポンド系などでその差は歴然。0.5pipsくらい差があるときもあります。 この理由についてですが、実は先週半ばごろにTradeview社からお知らせのメールが来ておりました。 以下のメール、皆様はご覧になられたでしょうか? お世話になっております。 トレードビューから最新情報をお送りいたします。 ⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒* 目次 ⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒* 11月3日 (日):夏時間終了のお知らせ 【MT4/cTrader】スプレッドがさらに狭くなりました トレードビューはラグビー団体を応援しています ⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒* ⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒* ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━━━━━  11月3日 (日):夏時間終了のお知らせ 今週末1

続きを読む

【動画検証】MT5のTradeviewのILC口座のスプレッドが”0”になった日
【裏話】Tradeview潰しのために平気で嘘の記事を書いて XMを持ち上げたい方々
【Tradeview最新情報】入金上限9000万、日本国内銀行送金1日、限界への挑戦が続く。(2019/9/18)
【Tradeview】仮想通貨のMT4のプライスが固まる(フリーズする)場合【裏技要注意!】

「Tradeviewについて」記事をもっと見る