口座開設・入出金方法

口座は基本的にbitwalletから

あなたがひねくれものではなければ、とりあえずbitwalletから入金するのが正攻法だろう。

イメージはこうだ。

(お金)→bitwallet ⇔ ブローカー

つまり手元にあるお金はとりあえずbitwalletに移動させて(もちろん全部とは言わない)

あとはブローカーとのやり取りということだ。

入金手数料はTV負担

ところで入金は、bitwallet経由でなくてもTradeviewは入金手数料が無料となっている。

Upholdなどもあるが、インターフェースや知名度等を総合すると、bitwalletに軍配が上がる。

なお、手数料はTVが負担しているという点に注目だ。とてもやさしい。

クレカは1枚50万円限度

bitwalletに登録してIDセルフィなどを登録しなければ、完全には使えない。

そしてクレカの上限額は1枚当たり50万円/月となっている。

複数枚あればその分上限額は増える。

銀行入金も可能

bitwalletの日本の指定口座に入金することで、資金が反映される。

その資金をTVに動かすと、手数料は、”bitwalletの口座への入金手数料”のみとなる。

2019Q2現在、みずほ銀行しか対応していないが、この部分の送金手数料はそこまで多くはないため、手数料は極めて少ないといえるだろう。

図式はこうだ。

お金→(手数料)→bitwallet→(手数料0) Tradeview

ということになる。参考にして入金を行われたい。

Tradeviewについて

【Tradeview】仮想通貨のMT4のプライスが固まる(フリーズする)場合【裏技要注意!】
TradeviewでBTC取引を行う場合、比較的頻繁にBTCレートが固まるといった現象が発生する。 その時の対処法についてと、注意点を申し上げておく。 デスクトップ版は簡単 右下のゲージの部分(画像の場合は5389/14kb)を右クリック 固まっている場合は、ほぼ間違いなく”Data Center-live”に☑が入っているので、"main"に戻す。 それにしても…なんちゅうpingや…… モバイルは簡単ではない モバイルに関してはAndroid/iPhoneにかかわらずこの現象を確認しているが、再インストールがTV側の指示ではある。 簡単に直す手段は今のところないようだ。 注意:レートずれ戦法は細心の注意を 2018年に流行?したBTCの取引レートとTV側のレートのずれが大きいときや、TVが固まった時にエントリーしたら、差益が取りやすくなるという裏技がある。 この裏技、今も有効な面はあるが、問題は"Data Center-live"にうっかりつながっていた時だ。 価格が乖離しているのはレートが止まっているからだ

続きを読む

【TVFX】TVの仮想通貨(BTC・XRP)トレードは持越し手数料に注意!持ち越さず、スキャルとして活用せよ!!
【Tradeview】特別口座(減額口座)のよくある質問【詳細版】
Tradeviewは無登録だけど大丈夫? その疑問にエグいほど徹底的に答えてみる。
口座開設・入出金方法

「Tradeviewについて」記事をもっと見る