復帰に向けたメモ

復帰メモがきわめて個人的な備忘録になってしまていること、すみません。

SAの翻訳の返し

OPAの実力

WSFRとの権利交渉

RouterHostingのバルク買いか否か(直買いをすすめるか)

これが大きな柱になってくる。

後、細かくはシグナルサービスを転用するなどの方法も検討

【参考】弊社Tradeviewのプラン

当サイト完全推奨のTradeview。当サイトからの参加でプランが激安になります。

  • Tradeview ILC:1ロット300円(最安環境です)
  • Tradeview Xレバレッジ:800円程度のスプレッド割引(スプレッドが狭い環境を提供します)

【条件は入金最低金額のみ】
ILC:400万円→10万円
Xレバ:1万円

※追加アカウント開設の方はこちらから

最強EA【OPA】…それは今なお最高益を更新し続ける。

βテスト版の研究を経て問題点を洗い出し、ついに現行の”OPA=NEW”が完成。
2020年2月の運用からわずか1月もない間に、コロナショック、つまりリーマンショック級の未曽有の相場混乱状態に見舞われました。しかしOPAは難なくその荒波を乗りこなし、爆益をたたき出したのです。

その快進撃は2020年8月現在も留まることを知らず、最高益を更新し続けています。

月次別で確認しても、4月以外のほとんどの月で勝利となっています。

そして…リアルトレードでは稼働5か月弱で100%オーバー…驚異的な結果となっています。

OPAの3ロジック

メインロジックは、「Aurora」「Kite」「Mito」の3種類から成り立ちます。なおこれらの一つ一つは数百のサブロジックから構成されている大変複雑なものです。

いずれもThangが著した「Sentiment Analysis」をベースに構築したEAとなっています。

Aurora(オーロラ)

 long term swing trading target for 200-1000 pip trends
(200-1000pipsの長期スイングトレードでの爆発力を目指す)

Kite(カイト)

hunt for stop loss zone of retail traders and trade on the same side of smart money
(リテール(ブローカーなど)のストップロスゾーンを探し、SA理論のSMサイドでの取引)

Mito(ミト)

 short term intraday strategies based on sentiment analysis and momentum
(SA理論とトレンドの勢いに基づいた短期トレードストラテジ)

Strategy Analyzerによるバックテスト

0.1ロット固定(2005-2020)

メイン通貨のみで約1299259ドル(約1.4億円)という安定かつ絶大な仕上がりとなっております。
また、固定ロットでこの性能はほとんど見かけないと言って過言ではないでしょう。
(→MT4によるバックテストはこちら

本気のEAに出会えたあなたに祝福を!!

トレードシステム部門に長年在籍し、投資理論を完全解明させたThang氏による渾身のEA、「OPA」ついに始動!

このEAには、偽商材やただEAを売るためのEAの呪縛から解放されてほしいという、私たちの切なる願いが込められています。

改めて結果を確認しましょう。

これは投資家の資金の増減で、バックテストとは同様のグラフ描画にはなっていませんが、

しかし僅か5か月で55%という、大きな利益を上げていることが分かります。

勝ち組になるための最後の手段、それがOPAです。

全貌を知りたい方は以下からどうぞ。

【参加条件】日本円で50万円~

※参加検討に当たっては、重要事項などを良くお読み下さい。

はじめに

「i tec japan」/ファースト/ライズなどのUSB投資詐欺的案件に騙されないために FXやBO勧誘の基礎知識
いつの時代でも同じような投資詐欺的案件が横行しています。 参考URL:朝日 LHです。私もこれらの詐欺的被害については常に警鐘を鳴らして参りました。 参考:オプザイル記事 上の記事は、かつて問題視された「オプザイル詐欺」と本質はほとんど変わっていません。あれから5年経過しても、情報リテラシーというのはそういうものです。 しかしこういった詐欺は、特にSNSの情報が地球上のすべての情報だと思っている若者、特に新入学した大学生に対して行われている点では、情報弱者狙いであり、その潜在的顧客が途絶えることはないのかもしれません。 ただその内実は、全く無意味のEA…でさえないインディケーターを超高額で売りつけるというものです。 オプザイルのときと現代で変わっているのは、インディケーターやEAを「AI」や「bot」などと呼称することでしょうか。 とりわけAIという用語は、その言葉自体に誘惑されてしまうくらいの、何とも言えない魅力を持っています。 個人だけでなく企業でさえも、その誘惑に駆られいろいろなパッケージを導入しているので、営業での殺し文句と

続きを読む

【※重要※】こちらでOPA希望(枠確保)を確認します。コメントに記入してください。
【謹賀新年】2020年もよろしくお願いします
【警告】他社IB様へ
OPA運営にかげり、システムに深刻な問題点…利益に浴しない状況

「はじめに」記事をもっと見る

はじめに 人気記事

記事が見つかりませんでした。
English English Japanese Japanese French French German German Italian Italian Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Spanish Spanish