【裏事情】Tradeviewの正体 安いのに知名度が低い理由とIBの真実が本気でわかる

※本稿は当方が資料などから客観類推したものであり、想像の域を出ませんのでご注意ください。

全ての謎を解くカギ

本稿は少しヤバいやつかもしれない。TV側に消すように言われる可能性もあるし、てんで的外れだから何も言われない可能性もある。

むしろスルーしておいたほうが無難だから、その選択を取る可能性もある。

ともかく今回の話はとても重要なので、いろいろな記事で同様の話題をするかもしれないが、本筋はこの記事であると思ってくれていい。

TVはホワイトラベル供給元である。

このことはTVがA-bookかどうかを調べる過程で表出する結果である。

上述の記事をすでに読まれた方の何人かはすでに”察し”がついていたと思う。

[aside type=”normal”]ホワイトラベル:一次提供者のシステムを借りて運用している会社のことをいう。日本にも多い。[/aside]

要はTVは他のFX会社の親玉であり、他の会社の活動を阻害しないため、自らは宣伝をほとんどしないのである。

ちなみに当サイトでも掲載しているTVのチラシをよく見ると以下のことがわかってしまう。

もしかしたら当方も専門サイトを持てるのかと思って問い合わせると、

[voice icon=”https://lh-fx.com/wp-content/uploads/2019/05/img_5ce966e7a507b.png” name=”TVチーフ” type=”l”]恐れ入りますが、金融機関やホワイトラベルの方が対象となっております[/voice]

という回答が。ここでも答えの一端が垣間見えたが、どうやらホワイトラベルの方はTVのようなサイトを無料で持てるということらしい。

だからなんだっての?

このことから極めて重要なことがわかる。

それは、TVを直で使うのがどう考えても一番手数料が安いということだ。

他社からプラットフォームを借りているのではなく、完全自前なのだから、それを直接使う方が安いでしょ、ということ。

我々は極めて原価に近い形でトレードができるのだ。こんなことがあっていいのだろうか?

ホワイトラベルは当然手数料が上乗せされる高い

私が推察するに、日本でもTradeviewのエンジンを利用しているFX業者はすでに存在すると思う。

彼らのスプレッドや手数料は、人件費や運用コストなどを考えると、TVの原価よりも当方の供給価格よりも確実に高くなることは火を見るよりも明らかであろう。

運用させる側のメリット

Tradeview自体は日本では無登録業者となっているが、国内でホワイトラベル提供をして、名前を変えれば、登録することが可能になる場合もある

むしろGemForex*など、そこそこ有名なブローカーも、ホワイトラベルの国内業者の存在を示唆していることから、すでに金融庁に登録している業者も少なくはなさそうである。

[aside type=”normal”]無登録の日本企業のFXブローカーは存在しないと思っておいた方がよい[/aside]

看板の架け替えによって子分が合法的に活躍できるのであれば、親玉はその名前で世界進出する必要はないのである。どのような形態でも取り分は変わらないのだし。

※参考:https://gforex.asia/partners_menu/whitelabel.php

IBの本質

ではIBがなぜ存在するか、を改めて考えてみたい。

「金融庁や財務局で規制されている海外FX業者は国内での広告活動を制限されているから、それを個人に委ねている」などと多くのサイトでは紹介されているが、本当にそれだけだろうか?

もちろんこれも大筋で正しい。しかしここまで考察した我々には、「同国で展開しているホワイトラベルの活動を邪魔しないため」という事情も見えてくる。

いや、下手するとこちらの方が主な事情なかもしれない。

TVの開設に期限はあるかも

ところで気を付けなければならない事実が一つある。

おそらくTV側が一般に門戸を開放するのは期限があるということだ。

実は手数料が世界最安級のILC口座の開設のために必要な資金は、通常であれば25000ドルであるとされている。

これが期限延長を重ねて、入金ハードルを下げているのである。

ということは、いつこのキャンペーンが打ち切られてもおかしくないし、最悪「これからはホワイトラベルで開設してくれ」と言われる可能性もないことはない。

TVで口座開設、思い立ったら吉日である。

理論上世界最強、RAINBOW CHASER EA誕生へ

わずか20日で6%のプロフィットをたたき出す、マーチン・グリッド・トラリピ等ではない完全無欠のシステムが完成しました。

その名はRAINBOW CHASER(コードネーム:EBIOS)。

初週から+80pipsというパフォーマンスをたたき出している、強さが光るロジックです。

このシステムはSentiment Analysis理論を完全継承したシステムであり、利益構造の究極といえます。

  • ブラックスワン
  • コーシー分布
  • ファットテール
  • Levy Flight

これらの言葉にピンときた方は、お見逃しのなきよう。

本システムは低リスクでの複利運用試算です。

詳しい情報を得られたい場合は、テレグラムのチャンネル登録をよろしくお願いいたします。

最後の戦いが始まる。

追記:デモアカウントパス公開!

絶対的自信があるからこそのパス公開です。モバイル版MT4などでご覧ください。

  • Tradeview-Demo
  • 6815338
  • uc8tbqu

最新稼働状況

絶好調です(`・ω・´)ゞ

【仮想通貨】SkyRock Signals絶好調

2017年より長年運営をしているSkyRock Signalsについて、現在仮想通貨の高騰によりチームメンバーやシステムロジックに改良が加わり、更なる高みを目指しています。
現在はTelegramという完全匿名SNSアプリでのBinanceのAPIキーを用いた完全自動売買を実現。

月間約10-20%のリザルトを発揮しています。
主にUSDT建てなので、急落にも強い安定性を誇っています。

完全限定クーポン

割引コードは本コード適用で世界最安の割引適用となります。
これも長年のパートナーシップと、粘り強い交渉の結果です。

  • Binance SmartTrade Bot:月203ドル(USDT)、年間1218ドル(USDT)
    最もおすすめのシステム。最大リターンを目指すテクニカル&ファンダメンタル&インサイダーシステム
  • Binance Scalping Bot:月101ドル(USDT)、年間609ドル(USDT)
    テクニカル自動BOTシステム。比較的機械的トレードをするシステム。

プロモーションコードは

SRSxLH

をご利用ください。ご利用はテレグラムからどうぞ。
体感的に利用が可能なので初心者でも安心です!

Tradeviewについて

【小話】EBIOSはTradeviewが最適である理由
最強EAとした見参したEBIOS(エビオス)は、実はブローカーによって性能差がかなり出ることがわかっています。 その理由は実はシンプルなのですが、つまり性能が良いブローカーであるほど結果がはっきりと出るということです。 有力なブローカーは、一流が知るところでは、 Tradeview Axitrader AmendaFX LMAX FXOpen ですが、特に朝のロールオーバー直後のマーケットオープンのスプレッドの開きが小さいブローカーであるTradeviewが、 性能としては良いものとなっています。 これはEBIOSのストラテジにおけるSL設定がシビアになっているために生じるものでありますが、やはり安定した 低スプレッドでの供給というのは大変重要なものになると考えられます。 翻って、勝てるブローカーはやはりTradeviewになるということが言えるかと思います。 これはEBIOSユーザーになるこれからの皆様だけでなく、トレードを研究している全世界市民に言えることです。 どうぞ参考にしてください。よろし

続きを読む

【Tradeview】正当に補償が払われた実例と補償のための対策(私の体験談)
【2019年11月11日速報】MT5よりMT4の方がスプレッドは狭い! というかMT4が狭くなりすぎた!! 当面はMT4が好まれるか?
【動画検証】MT5のTradeviewのILC口座のスプレッドが”0”になった日
【裏話】Tradeview潰しのために平気で嘘の記事を書いて XMを持ち上げたい方々

「Tradeviewについて」記事をもっと見る

Tradeviewについて 人気記事

記事が見つかりませんでした。