【ある事件の追憶】Tradeviewの紛争処理能力が極めて高い件 これでA-Bookでないなら逆に尊敬する

本稿は当方の顧客とTradeview側との間で起きた疑義に対する記録である。

当方は仲裁として参入した案件であるが、両者の同意を得て、掲載にあたっている。

今回の記録開示の目的は、TVがA-Bookであること及び、その調査力の高さ、カスタマサポートの洗練さを示すためである。

この記録はやり取りの断片であり、事のあらましすべてを記述していないが、これらの要素によってTVの誠実な調査力と、A-Bookであるということに、確信が抱けるであろう。

トレード履歴の参照

速報版は最初に苦情が寄せられてからの初期調査、確報版はTV側担当弁護士による承認を経た確かな記録である。
以下「速報版」「確報版」見出しにおける文言や画像は、すべてTV側から提供されたものであり、注釈(*)を除き当方が書いた文章は一つも存在しない。

速報版

お世話になっております。#(注文番)に関しましての取引ログをお送りいたします。
2019.03.20 03:37:38.516 (IPアドレス) ‘口座番号’: order #19511639, sell 5.00 AUDCAD at 0.94326
2019.03.20 13:39:01.565 (IPアドレス) ‘口座番号’: modify order #19511639, sell 5.00 AUDCAD at 0.94326, sl: 0.00000 tp: 0.00000 -> sl: 0.00000 tp: 0.93956
2019.03.20 13:39:01.565 ’24’: confirm’口座番号’ modify #19511639 sell 5.00 AUDCAD at 0.94326 sl: 0.00000 tp: 0.93956
2019.03.20 13:39:01.580 58.189.161.142 ‘口座番号’: modified #19511639, sell 5.00 AUDCAD at 0.94326, sl: 0.00000 tp: 0.93956
確認をいたしましたところ、ポジションは03.20 03:37 に発注、 13:39にTPが0.93956されておりますのでお知らせいたします。
このポジションの発注とTPの設定の際にご利用のIPアドレスは普段のトレードの際にご利用のものと一致いたします。
2019.03.21 16:04:12.523 (IPアドレス) ‘口座番号’: login (1103, iphone, dc: 1, cid: 5739b6087bdfd888c1a97d835d0ad43f, ping: 232 ms)
2019.03.20 19:56:03.729 (IPアドレス) ‘口座番号’: login (1103, iphone, dc: 1, cid: 5739b6087bdfd888c1a97d835d0ad43f, ping: 171 ms)
2019.03.19 08:46:19.529 (IPアドレス) ‘口座番号’: login (1103, iphone, dc: 1, cid: 5739b6087bdfd888c1a97d835d0ad43f, ping: 204 ms)

*iphoneと機種まで特定されている。

確報版


このログに速報版の記録の詳細が記載されている。

何をしているか

画像だけをお見せしても心もとないと思われるので、実際にどのような調査をしているのかを追うと、

  • 取引ログの確認
  • LP提供元(リクイディティ・プロバイダ)からのログの取り寄せ
  • 担当弁護士の確認の元データ提供

となっている。

今回の記事の趣旨(TVがA-Bookであることの客観的証左)について、特に二つ目のLP提供元からのログの取り寄せが重要な点となる。

A-Bookであることの客観的資料についてはこちらの記事でも言及しているが、本当にLPを通じてオーダーを執行していなければ、このようなログを取り寄せることはできない。

このログまで偽証というのであれば、もうこれ以上何も申し上げることもないだろう。

空前絶後の調査力

あまりにあっさりと資料を提供したため、感慨も何もないかもしれない。
しかし冷静に考えてみよう。この詳細な調査力、尋常とは思えなくないだろうか?

私は最近は国内ブローカーと関連したことがないのであまりわからないが、例えば仮想通貨の取引業者(ザイフなど)が、このような調査をしてくれるとは到底思えない*

ある種では全く後ろめたさがないからこそできる調査であり、また、どのような疑問や追及に対しての潔白を証明するために手を尽くす、企業姿勢のすさまじさを表しているとは思わないだろうか。

*ザイフも執行体制が変わっており、現在のサポート状況は未知。2018年5月当時の対応をベースにしているのであしからず。

注意として

常にこのレベルの調査を受けられるかどうか、というと被害額の規模にもより、またIBである私が法律について多少知識がある者であるという点も、この調査精度に寄与する部分は大きい

そのため、金額がわずかなものや、他社IBでサポートを受ける場合、ここまでの詳細調査に及ばない可能性もある。

TV内部事情にはなるが、日本人スタッフも数人存在している。そのなかには決して日本語が上手ではない方もいる。

他社IBからTradeviewを利用されている方は、一旦当方に相談されたい。

理論上世界最強、RAINBOW CHASER EA誕生へ

わずか20日で6%のプロフィットをたたき出す、マーチン・グリッド・トラリピ等ではない完全無欠のシステムが完成しました。

その名はRAINBOW CHASER(コードネーム:EBIOS)。

初週から+80pipsというパフォーマンスをたたき出している、強さが光るロジックです。

このシステムはSentiment Analysis理論を完全継承したシステムであり、利益構造の究極といえます。

  • ブラックスワン
  • コーシー分布
  • ファットテール
  • Levy Flight

これらの言葉にピンときた方は、お見逃しのなきよう。

本システムは低リスクでの複利運用試算です。

詳しい情報を得られたい場合は、テレグラムのチャンネル登録をよろしくお願いいたします。

最後の戦いが始まる。

追記:デモアカウントパス公開!

絶対的自信があるからこそのパス公開です。モバイル版MT4などでご覧ください。

  • Tradeview-Demo
  • 6815338
  • uc8tbqu

最新稼働状況

絶好調です(`・ω・´)ゞ

【仮想通貨】SkyRock Signals絶好調

2017年より長年運営をしているSkyRock Signalsについて、現在仮想通貨の高騰によりチームメンバーやシステムロジックに改良が加わり、更なる高みを目指しています。
現在はTelegramという完全匿名SNSアプリでのBinanceのAPIキーを用いた完全自動売買を実現。

月間約10-20%のリザルトを発揮しています。
主にUSDT建てなので、急落にも強い安定性を誇っています。

完全限定クーポン

割引コードは本コード適用で世界最安の割引適用となります。
これも長年のパートナーシップと、粘り強い交渉の結果です。

  • Binance SmartTrade Bot:月203ドル(USDT)、年間1218ドル(USDT)
    最もおすすめのシステム。最大リターンを目指すテクニカル&ファンダメンタル&インサイダーシステム
  • Binance Scalping Bot:月101ドル(USDT)、年間609ドル(USDT)
    テクニカル自動BOTシステム。比較的機械的トレードをするシステム。

プロモーションコードは

SRSxLH

をご利用ください。ご利用はテレグラムからどうぞ。
体感的に利用が可能なので初心者でも安心です!

Tradeviewについて

【小話】EBIOSはTradeviewが最適である理由
最強EAとした見参したEBIOS(エビオス)は、実はブローカーによって性能差がかなり出ることがわかっています。 その理由は実はシンプルなのですが、つまり性能が良いブローカーであるほど結果がはっきりと出るということです。 有力なブローカーは、一流が知るところでは、 Tradeview Axitrader AmendaFX LMAX FXOpen ですが、特に朝のロールオーバー直後のマーケットオープンのスプレッドの開きが小さいブローカーであるTradeviewが、 性能としては良いものとなっています。 これはEBIOSのストラテジにおけるSL設定がシビアになっているために生じるものでありますが、やはり安定した 低スプレッドでの供給というのは大変重要なものになると考えられます。 翻って、勝てるブローカーはやはりTradeviewになるということが言えるかと思います。 これはEBIOSユーザーになるこれからの皆様だけでなく、トレードを研究している全世界市民に言えることです。 どうぞ参考にしてください。よろし

続きを読む

【Tradeview】正当に補償が払われた実例と補償のための対策(私の体験談)
【2019年11月11日速報】MT5よりMT4の方がスプレッドは狭い! というかMT4が狭くなりすぎた!! 当面はMT4が好まれるか?
【動画検証】MT5のTradeviewのILC口座のスプレッドが”0”になった日
【裏話】Tradeview潰しのために平気で嘘の記事を書いて XMを持ち上げたい方々

「Tradeviewについて」記事をもっと見る