【コラム】Dattong逃亡か?劣悪なシグナルを配信した罪とそのカラクリ

TradingViewにおいて無料で優れたシグナルを配信していたDattongですが

2019年秋ごろから有料シグナル配信へと移行するようになりました。

このことは一部ユーザーからも話題となり、プレミアムチャンネル登録者が増え

一時は700人弱というユーザー獲得に至りました。

日本の詐欺インフルエンサーと比べるとやや劣るかもしれませんが、

少なくとも彼らより当初の期待値は高かったといえます。

違和感は何?

しかし彼のシグナル配信は妙な違和感が付きまといます。

たとえば実際に配信されたシグナルが以下になります。

このフォーマットをどうやって入力して配信しているのか、やや謎ではあります。

手入力ではなく、自らのトレードをEAを通じてテレグラム(SNS)に投稿している

という線が濃厚です。

画像の“Assets:”に注目いただきたいのですが、この部分がEURUSD.proとなっています。

ブローカーによっては、取引通貨シンボルの後に“.pro”が入っている場合がよくありますが、

手入力であれば、”.pro”の部分は確実に不要ですよね。

このことから、手入力ではなく自動投稿であるという可能性がかなり上がります。

EAの可能性

そしてさらに考えられるのは、EAである可能性です。

完全に自動売買をするツールを仕込んでおいて、その取引と同時にシグナルを

配信するというパターンです。

EAはテクニカル的な読みには強いのですが、経験則に基づいた

ディーリングに関しては、その学習深度によっては改良の余地があります。

Dattongに関しては、もともとのTradingViewの読みは素晴らしいということで、

人気を博していた節があります。

しかし有料に移行した瞬間に激しい躓きを生じているのが、不自然といえばそうであります。

そもそも、

  • 予告していたトレードスタイルと違う
    一日一度、あるいはないときもある → 一日2度以上トレードしている
  • 途中からトレード方針を変える
    最初は短期目線での取引メイン → 結果が伴わず長期足でのトレードに(それでも結果は伴わない)
  • 正月に何の音沙汰もない
    2019年は正月も積極的に取引し利益を上げる
  • 悪いトレードの週のレポートが出ない
    レポートを出し、トレードのeducationを行うとしていたので、そもそもの契約違反

という違和感の塊のような状況です。とりわけ年末年始にダンマリを決め込んでいるのは、逃げを打とうとしているのかな?という感じでもあります。

いずれにしても、今までの人為的トレードとは異質な機構で

配信していると考えても不自然ではないでしょう。

結論:ちょっとアカン

フリーシグナルの性能の良さを考えれば、彼の有料チャンネルに期待を抱くことは

間違いではないと思いますし、現に私もそうでした。

しかしここまでグダグダな結果になってしまい、そのフォローもろくにない

という状況であるため、とてもではないですが彼を信じることができない状況です。

私も推奨した責任はあるのですが、それにまして彼の手抜きさ加減

悪質さが目立つような気がします。

シグナルが悪いのはまあ首肯するとしても、レポートやeducation(教育)がないというのは

契約の不履行ですから、解除や返金事由に相当するのではないかと思われます。

なにか対策を考えたいところ。

【速報】2/8 リビルド版のテスト開始!!!

プロジェクトの夢は終わらない!リビルド版のテスト開始、極限までバックテストとリアルとの乖離をなくすための努力を行いました。

記事の詳細はこちらからどうぞ!

特報! Project OPA カウントダウン開始!!

時は令和、AI時代の火蓋が切って落とされました。

AI時代には過去のトレードロジックは意味のないものとなるのでしょうか?

手動トレードと自動トレード、どちらがいいのでしょうか?

今回は皆様が常々抱いている全ての固定観念をぶち壊すお話と、世界最高峰と自負する完全オリジナルEA(FXの自動売買ソフト)、そして、長年信頼と実績の「WallStreet Forex Robot」という、EAをお届けしたいと思います。

この記事に出会ったあなたは、きっと自動売買と、手動取引両面の真理について、多くのトレーダーよりも詳しくなっているとともに、真実の世界を垣間見ることとなるでしょう。

  • Sentiment Analysis日本語訳版(4,200円)
  • Wallstreet Forex Robot 正規ライセンス(37,000円)
  • PBEA(自動売買ツールfor Japanese)(39,800円)
  • OPA(自動売買ツール)(1,500,000円~PRICELESS)
  • Tradeview優待口座(PRICELESS)
  • その他の個別サポート

※すべての特典を受けるためには、口座開設金額等に条件がございます。

これらの全貌を知りたい方は以下から

OPA最新情報!全ての頂をあきらめない

 

現在鋭意開発中のOPAに関し、EA業界全体の問題点およびその解決に向けた努力についての一方が寄せられました。今までのEAの究極の問題点に言及しつつ、それを超越しようとする努力のほどがうかがわれています。

現状としては結果は多少改善されているものの、本番環境に実装できるまでには至れていないというのは事実です。それを超越することをあきらめないThang。彼の未来、そして我々の未来に栄光あれ!

裏話

【コラム】Dattong逃亡か?劣悪なシグナルを配信した罪とそのカラクリ
TradingViewにおいて無料で優れたシグナルを配信していたDattongですが 2019年秋ごろから有料シグナル配信へと移行するようになりました。 このことは一部ユーザーからも話題となり、プレミアムチャンネル登録者が増え 一時は700人弱というユーザー獲得に至りました。 日本の詐欺インフルエンサーと比べるとやや劣るかもしれませんが、 少なくとも彼らより当初の期待値は高かったといえます。 違和感は何? しかし彼のシグナル配信は妙な違和感が付きまといます。 たとえば実際に配信されたシグナルが以下になります。 このフォーマットをどうやって入力して配信しているのか、やや謎ではあります。 手入力ではなく、自らのトレードをEAを通じてテレグラム(SNS)に投稿している という線が濃厚です。 画像の"Assets:"に注目いただきたいのですが、この部分がEURUSD.proとなっています。 ブローカーによっては、取引通貨シンボルの後に".pro"が入っている場合がよくありますが、 手入力であれば、".pro"の部分は確

続きを読む

【訃報】Dattongのシグナルはいいとは言えなかった。もう継続はできない(2019年総括)

「裏話」記事をもっと見る