【コラム】Dattong逃亡か?劣悪なシグナルを配信した罪とそのカラクリ

TradingViewにおいて無料で優れたシグナルを配信していたDattongですが

2019年秋ごろから有料シグナル配信へと移行するようになりました。

このことは一部ユーザーからも話題となり、プレミアムチャンネル登録者が増え

一時は700人弱というユーザー獲得に至りました。

日本の詐欺インフルエンサーと比べるとやや劣るかもしれませんが、

少なくとも彼らより当初の期待値は高かったといえます。

違和感は何?

しかし彼のシグナル配信は妙な違和感が付きまといます。

たとえば実際に配信されたシグナルが以下になります。

このフォーマットをどうやって入力して配信しているのか、やや謎ではあります。

手入力ではなく、自らのトレードをEAを通じてテレグラム(SNS)に投稿している

という線が濃厚です。

画像の“Assets:”に注目いただきたいのですが、この部分がEURUSD.proとなっています。

ブローカーによっては、取引通貨シンボルの後に“.pro”が入っている場合がよくありますが、

手入力であれば、”.pro”の部分は確実に不要ですよね。

このことから、手入力ではなく自動投稿であるという可能性がかなり上がります。

EAの可能性

そしてさらに考えられるのは、EAである可能性です。

完全に自動売買をするツールを仕込んでおいて、その取引と同時にシグナルを

配信するというパターンです。

EAはテクニカル的な読みには強いのですが、経験則に基づいた

ディーリングに関しては、その学習深度によっては改良の余地があります。

Dattongに関しては、もともとのTradingViewの読みは素晴らしいということで、

人気を博していた節があります。

しかし有料に移行した瞬間に激しい躓きを生じているのが、不自然といえばそうであります。

そもそも、

  • 予告していたトレードスタイルと違う
    一日一度、あるいはないときもある → 一日2度以上トレードしている
  • 途中からトレード方針を変える
    最初は短期目線での取引メイン → 結果が伴わず長期足でのトレードに(それでも結果は伴わない)
  • 正月に何の音沙汰もない
    2019年は正月も積極的に取引し利益を上げる
  • 悪いトレードの週のレポートが出ない
    レポートを出し、トレードのeducationを行うとしていたので、そもそもの契約違反

という違和感の塊のような状況です。とりわけ年末年始にダンマリを決め込んでいるのは、逃げを打とうとしているのかな?という感じでもあります。

いずれにしても、今までの人為的トレードとは異質な機構で

配信していると考えても不自然ではないでしょう。

結論:ちょっとアカン

フリーシグナルの性能の良さを考えれば、彼の有料チャンネルに期待を抱くことは

間違いではないと思いますし、現に私もそうでした。

しかしここまでグダグダな結果になってしまい、そのフォローもろくにない

という状況であるため、とてもではないですが彼を信じることができない状況です。

私も推奨した責任はあるのですが、それにまして彼の手抜きさ加減

悪質さが目立つような気がします。

シグナルが悪いのはまあ首肯するとしても、レポートやeducation(教育)がないというのは

契約の不履行ですから、解除や返金事由に相当するのではないかと思われます。

なにか対策を考えたいところ。

【PR】2021年、最後のプロジェクトへ。

わずか20日で6%のプロフィットをたたき出す、マーチン・グリッド・トラリピ等ではない完全無欠のシステムが完成しつつあります。

私たち開発チームはこのEAに全ての魂を注ぐつもりです。現在最後の仕上げに向け、開発調整中です。

動意の低い12月の相場で、12月10日から20日足らずの稼働で+1000pipsを稼ぎ出そうとしています。

このシステムはSentiment Analysis理論を完全継承したシステムであり、もはやB-bookブローカーの利益構造の究極ともいえるでしょう。

低リスクでの複利運用試算です。

私たちは更なる高みを目指すことができるでしょう。乞うご期待。

詳しい情報を得られたい場合は、テレグラムのチャンネル登録をよろしくお願いいたします。

最後の戦いが始まる。

裏話

【閲覧注意】極めてディープなEA・自動売買の不都合な真実【11選】
私LHが12年FXや仮想通貨を研究し続けて来て気づいた真理について、共有したいと思います。 多くの辛酸を舐め、またいろいろな海外コミュニティやトレーダーとのコミュニケーションを通して得た結論であり、結構ぶっ込んだ内容になっています。 11の法則として短文にまとめました。今回は自動売買(EA編)です。 ※じゃあどうトレードすればいいのか?は聖杯編へどうぞ。 EA真実1 バックテストは改ざんできる EA開発者が見せているバックテストは改ざんできます。何回DDしてもその事実を隠すことができます。 バックテストの結果を逆コンパイルするのは多少の手間ですが、一つ一つ検証すると、時折バックテストと理屈上結果が合っていないものがでてきます。 これは決して珍しいものではなく、何度も破産を経験しているのに、それを隠蔽しているEAが世の中にあふれているのは、まぎれもない現実です。 EA真実2 そもそもバックテストに”全く”意味がない 筆者も最近まで気づかなかったのですが、バックテストには全く意味がありません。 これはなぜかというと、法則1のように改ざんできるのも

続きを読む

【NEW=OPA】潤沢な資金における安定性は立証されたか?
【X-EA】通貨選別テスト版、状況は良好か。
Protected: 【会員通信】2020年5月号
【裏EA11日目】11日目、急転直下で暗雲。 厳しい

「裏話」記事をもっと見る

English English Japanese Japanese French French German German Italian Italian Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Spanish Spanish