【コラム】ePaymentsは日本人顧客を舐めている!ID認証されない場合はとにかく押し込むこと!

EU圏を中心とした、国際送金サービスの一つの柱として知られる”ePyaments”。

口座開設が妙に苦労しました。体験談を共有して、ぜひお役立ちいただければと思います。

ID文書が弾かれる。

まずePaymentsの本人確認のために、文書をいくつかアップロードしなければなりません。

しかしこれがなかなか却下される。(私の場合は)

最初に私は

  • 残高証明書(英文)
  • 電気料金票
  • 住民票

全てを提出してもダメでした。

全部提出してなお送られてきたカスサポのメッセージがこちら。

ePyaments

こんにちはYOU!私たちはあなたの文書を見直しました。ご覧のとおり、銀行証明書がアップロードされました。私たちが受け入れるファイルのリストにないのではないかと思います。今日では私たちは受け入れることができません:

1。光熱費(ガス、電気、水道、インターネット、固定電話)
2。取引を伴う銀行取引明細書3。
3.住所を記載した銀行の参照書簡。
4.クレジットカード/デビットカードの明細書。
5.住宅ローン(住宅ローン)ステートメント。
6.有権者登録証明書 
7.要求に応じて発行された居住証明書。
8.申請者の管轄からの政府発行の書簡。リストから必要な資料をアップロードしてください。お待ちしています!

LH

文書 “取引のある銀行報告書” そうじゃない?そうでなければ、なぜですか?何が悪いのでしょうか。
※すでに提出済みの”残高証明書”を再添付

 

8.申請者の管轄からの政府発行の書簡。これはすでにアップロードされています。しかし、なぜあなたは否定しますか?もう一度アップロードして確認する必要があります。それ以外には何もない政府発行の文書
※すでに提出済みの”住民票”を再添付

 

1.光熱費(ガス、電気、水道、インターネット、固定電話)
※すでに提出済みの電気料金票を再添付

何が問題なのか教えてください

ePayments

こんにちは!私たちはあなたの文書を見直しましたが、ラテン文字とキリル文字の文書だけを考慮しているのでそれらを受け入れることはできません。ラテン語の文書を提供する機会がない場合は、認定された翻訳文とともに、あなたの言語の準拠ファイルを添付することができます。これらのファイルを確認ウィジェットにアップロードして、もう一度リクエストを送信してください。私たちは更新を待っています!

ここで完全に意地悪をしようとしているカスサポ(名の通り)が浮き彫りに。マジで日本にサービスする気がないのか、担当にやる気がないのかのどちらかです。

多分どっちもなんでしょうね。

LH

「公認翻訳」とはどういう意味ですか?

そして銀行取引明細書に関する文書はすべて英語です。再確認してください。
※すでに提出済みの”残高証明書”を再々添付

ePayments

提供された文書をありがとう!確認にはしばらく時間がかかります。1〜2日以内にご連絡いたします。このチケットまたはEメールで私たちの返事を待ってください。

お待たせいたしました!すべてのファイルを確認し、アカウントを確認しました。このチケットは締め切ります。何か質問がある場合は、新しいチケットを作成することを躊躇しないでください。喜んでお手伝いします。

おい!既存のファイルでいけたやないか!どんだけ遠回りをさせるのか。。

結論:すぐに開設できるというのは都市伝説?

サイトを調べると、日本語でも大丈夫ということでしたが、サポートによれば、「ラテン文字かキリル文字しか受け付けない」とのことですので、そういうわけでもなさそうです。

どっちにしても日本人を舐めている感じが否めません。決め手はごり押し感ではないでしょうか。熱意を持った人に口座開設してほしいとか‥‥、どうなんでしょうね。

ただこれ、凍結されてもなすすべないような気がして怖い気も……

ePaymentsの口座開設で苦労されている方は、一つご参考ください。

ePayments

【参考】弊社Tradeviewのプラン

当サイト完全推奨のTradeview。当サイトからの参加でプランが激安になります。

  • Tradeview ILC:1ロット300円(最安環境です)
  • Tradeview Xレバレッジ:800円程度のスプレッド割引(スプレッドが狭い環境を提供します)

【条件は入金最低金額のみ】
ILC:400万円→10万円
Xレバ:1万円

※追加アカウント開設の方はこちらから

最強EA【OPA】…それは今なお最高益を更新し続ける。

βテスト版の研究を経て問題点を洗い出し、ついに現行の”OPA=NEW”が完成。
2020年2月の運用からわずか1月もない間に、コロナショック、つまりリーマンショック級の未曽有の相場混乱状態に見舞われました。しかしOPAは難なくその荒波を乗りこなし、爆益をたたき出したのです。

その快進撃は2020年8月現在も留まることを知らず、最高益を更新し続けています。

月次別で確認しても、4月以外のほとんどの月で勝利となっています。

そして…リアルトレードでは稼働5か月弱で100%オーバー…驚異的な結果となっています。

OPAの3ロジック

メインロジックは、「Aurora」「Kite」「Mito」の3種類から成り立ちます。なおこれらの一つ一つは数百のサブロジックから構成されている大変複雑なものです。

いずれもThangが著した「Sentiment Analysis」をベースに構築したEAとなっています。

Aurora(オーロラ)

 long term swing trading target for 200-1000 pip trends
(200-1000pipsの長期スイングトレードでの爆発力を目指す)

Kite(カイト)

hunt for stop loss zone of retail traders and trade on the same side of smart money
(リテール(ブローカーなど)のストップロスゾーンを探し、SA理論のSMサイドでの取引)

Mito(ミト)

 short term intraday strategies based on sentiment analysis and momentum
(SA理論とトレンドの勢いに基づいた短期トレードストラテジ)

Strategy Analyzerによるバックテスト

0.1ロット固定(2005-2020)

メイン通貨のみで約1299259ドル(約1.4億円)という安定かつ絶大な仕上がりとなっております。
また、固定ロットでこの性能はほとんど見かけないと言って過言ではないでしょう。
(→MT4によるバックテストはこちら

本気のEAに出会えたあなたに祝福を!!

トレードシステム部門に長年在籍し、投資理論を完全解明させたThang氏による渾身のEA、「OPA」ついに始動!

このEAには、偽商材やただEAを売るためのEAの呪縛から解放されてほしいという、私たちの切なる願いが込められています。

改めて結果を確認しましょう。

これは投資家の資金の増減で、バックテストとは同様のグラフ描画にはなっていませんが、

しかし僅か5か月で55%という、大きな利益を上げていることが分かります。

勝ち組になるための最後の手段、それがOPAです。

全貌を知りたい方は以下からどうぞ。

【参加条件】日本円で50万円~

※参加検討に当たっては、重要事項などを良くお読み下さい。

他社比較

【再掲】バイナリーオプションでUSBメモリを買わせる投資詐欺の罠(オプザイル・ネットビジネス・マルチ)
※本記事は2016年に別サイトにて掲載したものですが、 依然としてこの類の投資詐欺が已むことのない傾向であるため、 こちらに再掲載し、追記や注釈を盛り込む形で再投稿することにしました。 オプザイル当時の記事(2016.9) こんにちは、最近『オプザイル』という言葉が流行ってますね。 Yahoo!でも記事になるほどの活況で、今にわかに問題視されている詐欺集団のことです。 参考:最近ツイッターで話題の「オプザイル」とは? 今時の若者がバイナリーオプション投資詐欺に遭う理由 どういう人かというと、 彼らは、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで、利益を出している取引履歴をアップしたり、高級ブランド店での買い物や一流ホテルやレストランでの写真を載せてリッチな生活ぶりをアピールしています。 そして、「コンサル生」や「クライアント」と呼ぶ生徒を募集しています(そもそも正式な投資助言業の登録を行っているのかも定かではありませんが)。 ちなみに、バイナリーオプションとは、将来の為替レートが設定された目標レートを上回っているか、下回っ

続きを読む

【コラム】ePaymentsは日本人顧客を舐めている!ID認証されない場合はとにかく押し込むこと!
【LP数】価格受け入れ先、Axioryは13、Tradeviewは200+。 あなたはどちらの住民になる?
【BOは危険】最大手のハイローオーストラリアのとんでもない契約条項wwwww
VPS選びのコツと真理 お名前.comおじさん「お名前.comがいいぞ」 Tradeview×WIN-VPSで1ms台だけど何か?

「他社比較」記事をもっと見る

他社比較 人気記事

記事が見つかりませんでした。
English English Japanese Japanese French French German German Italian Italian Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Spanish Spanish