【コラム】投資は余裕資金で行うべき? 資産形成の観点から考える。

投資というのは余裕資金で行うべきなのか? 考えたい。

銀行金利より高いリターンが望めるなら借りるべき

見出しで度肝を抜かれた人もいるかもしれないが、これが今の投資行動の主流と言って間違いはない。

かぼちゃの馬車や大東建託、東建コーポレーション、レオパレスなどのオーナーの一括借り上げ制度、にとどまらずマンション投資のスルガ銀行融資など、それらのスキームの源泉は、銀行から借りた利息よりもリターンが上回っているかどうかという点である。

基本的に物件を購入するとき、ローンは必須になる。その数十年のローンに対しての賃借料(+減耗後の資産価値)が上回るという見込みでマンションを購入するわけだから、冒頭の見出しとうのは至極普通の理論なのである。もう一度改めると、

(投資のリターン(年利))>(銀行金利(年利))

のとき、投資行動を行う”べき”となる。もちろんリスクとの兼ね合いもあるので、これを行う行わないは自己責任になる。

過去預金利息が高かった時代で言えば、

(投資のリターン(年利))>(銀行利息(年利))

の時に投資を行う人が多く、この一つの末路としてバブルおよびその崩壊があったのだが、それはまた別の話。

いずれにしても投資においては今借りたことにより将来の価値の増加が見込まれる場合は借りたほうが良いということになる。

基本的には不動産投資しか融資はない

FXします!株します!ということで借金をこしらえることは基本的には難しい。方法としてあるとするならば、無目的ローンやフリーローンといった類のものだろう。年利がどのくらいかというところだが、3~6%というのが許容範囲かというところ。

これは日常のカード払いなどでもクレカ会社から、プランとしてお勧めされることもあるかもしれない。

もちろん無理な投資は禁物だが、リターンとして期待ができるのであれば、一つ挑戦してみる、というのも手かもしれない。

どっちにしてもマンション投資も地獄なんだぜ……AIの予想としては9割のマンションの価値が下がるというニュースが最近あったが、マンションの価値が下がる→家賃収入は減る(住まなくなる)→回収見込みなくなる→大量の負債を抱える

ということ。このようなことになる不動産投資と比較すると、意外と負担なく行えるのがFX系の投資といってもいいかもしれない。(暴論は承知の上だが、一つの見方として提示しておく)

全ては投資行動と捉えるべきか

家を買ったり売ったりするというライフイベントに関しては、男なら!とかいう時代には成立していたかもしれない。

あるいは公務員や上場企業などの有名どころであれば、当然のようにライフイベントを実行するだろう(転勤族は厳しいかもしれないが)

然しながら問題は、こんなライフイベントに関しては現在にそぐわないということは念頭に置くこと。

若者の〇〇離れ というのは、資産価値の問題という側面もある。デフレで現物資産に価値が見出せない、そうしたのは誰だ? ゲームのデータに心を奪われることをオッサンたちは揶揄するかもしれないが、その土台を築いたのは間違いなくバブルに浮かれそしてそれを崩壊させた日本社会全体の機運であり責任ではないか。

まず土地を買うというのは投資であり、これが現在価値に対し将来どうなるか、という点も念頭に入れている方が今では潜在的に増えていると思う。価値がつかなければ意味がない。

もちろん家を買うには周辺の環境などを考慮し、子供の生きやすさなども考えることが大切とは思う。むしろこれを最優先にし、家の価格を度外視する場合もあることは否めない。しかし、やはり現実を生きなければならない僕らにとっての課題は、自分がせっかく買う家が将来どのような査定をされ、払いきったローンに対してどのくらいのお金が戻るのか、その点についてをしっかりと見定めなければならないということだ。

環境を考えるのであれば賃貸で住んだ方が機動力も高く、失敗したときのリスクも小さいといえる。

そしてその資金をどこに投資するか……私のサイトなのでこれが結論なんだが、”FXはどう?”ということ。

リスクはほどほどに。!!

【参考】弊社Tradeviewのプラン

当サイト完全推奨のTradeview。当サイトからの参加でプランが激安になります。

  • Tradeview ILC:1ロット300円(最安環境です)
  • Tradeview Xレバレッジ:800円程度のスプレッド割引(スプレッドが狭い環境を提供します)

【条件は入金最低金額のみ】
ILC:400万円→10万円
Xレバ:1万円

※追加アカウント開設の方はこちらから

最強EA【OPA】…それは今なお最高益を更新し続ける。

βテスト版の研究を経て問題点を洗い出し、ついに現行の”OPA=NEW”が完成。
2020年2月の運用からわずか1月もない間に、コロナショック、つまりリーマンショック級の未曽有の相場混乱状態に見舞われました。しかしOPAは難なくその荒波を乗りこなし、爆益をたたき出したのです。

その快進撃は2020年8月現在も留まることを知らず、最高益を更新し続けています。

月次別で確認しても、4月以外のほとんどの月で勝利となっています。

そして…リアルトレードでは稼働5か月弱で100%オーバー…驚異的な結果となっています。

OPAの3ロジック

メインロジックは、「Aurora」「Kite」「Mito」の3種類から成り立ちます。なおこれらの一つ一つは数百のサブロジックから構成されている大変複雑なものです。

いずれもThangが著した「Sentiment Analysis」をベースに構築したEAとなっています。

Aurora(オーロラ)

 long term swing trading target for 200-1000 pip trends
(200-1000pipsの長期スイングトレードでの爆発力を目指す)

Kite(カイト)

hunt for stop loss zone of retail traders and trade on the same side of smart money
(リテール(ブローカーなど)のストップロスゾーンを探し、SA理論のSMサイドでの取引)

Mito(ミト)

 short term intraday strategies based on sentiment analysis and momentum
(SA理論とトレンドの勢いに基づいた短期トレードストラテジ)

Strategy Analyzerによるバックテスト

0.1ロット固定(2005-2020)

メイン通貨のみで約1299259ドル(約1.4億円)という安定かつ絶大な仕上がりとなっております。
また、固定ロットでこの性能はほとんど見かけないと言って過言ではないでしょう。
(→MT4によるバックテストはこちら

本気のEAに出会えたあなたに祝福を!!

トレードシステム部門に長年在籍し、投資理論を完全解明させたThang氏による渾身のEA、「OPA」ついに始動!

このEAには、偽商材やただEAを売るためのEAの呪縛から解放されてほしいという、私たちの切なる願いが込められています。

改めて結果を確認しましょう。

これは投資家の資金の増減で、バックテストとは同様のグラフ描画にはなっていませんが、

しかし僅か5か月で55%という、大きな利益を上げていることが分かります。

勝ち組になるための最後の手段、それがOPAです。

全貌を知りたい方は以下からどうぞ。

【参加条件】日本円で50万円~

※参加検討に当たっては、重要事項などを良くお読み下さい。

未分類

【コラム】投資は余裕資金で行うべき? 資産形成の観点から考える。
投資というのは余裕資金で行うべきなのか? 考えたい。 銀行金利より高いリターンが望めるなら借りるべき 見出しで度肝を抜かれた人もいるかもしれないが、これが今の投資行動の主流と言って間違いはない。 かぼちゃの馬車や大東建託、東建コーポレーション、レオパレスなどのオーナーの一括借り上げ制度、にとどまらずマンション投資のスルガ銀行融資など、それらのスキームの源泉は、銀行から借りた利息よりもリターンが上回っているかどうかという点である。 基本的に物件を購入するとき、ローンは必須になる。その数十年のローンに対しての賃借料(+減耗後の資産価値)が上回るという見込みでマンションを購入するわけだから、冒頭の見出しとうのは至極普通の理論なのである。もう一度改めると、 (投資のリターン(年利))>(銀行金利(年利)) のとき、投資行動を行う”べき”となる。もちろんリスクとの兼ね合いもあるので、これを行う行わないは自己責任になる。 過去預金利息が高かった時代で言えば、 (投資のリターン(年利))>(銀行利息(年利)) の時に投資を行う人が多く、この一つの末路としてバブルおよびそ

続きを読む

【詐欺とは言わないが】低質なnote系トレーダーにはご用心! 業界ぐるみで君を騙そうとしている
【会員限定】本当に勝てるEAとは何かの究極解 ヒントはブローカーのタイプそのものにある
IB業者(ブローカーを紹介して報酬をもらう人)は果たして悪か? その存在意義を考える

「未分類」記事をもっと見る

未分類 人気記事

記事が見つかりませんでした。
English English Japanese Japanese French French German German Italian Italian Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Spanish Spanish