【コラム】投資は余裕資金で行うべき? 資産形成の観点から考える。

投資というのは余裕資金で行うべきなのか? 考えたい。

銀行金利より高いリターンが望めるなら借りるべき

見出しで度肝を抜かれた人もいるかもしれないが、これが今の投資行動の主流と言って間違いはない。

かぼちゃの馬車や大東建託、東建コーポレーション、レオパレスなどのオーナーの一括借り上げ制度、にとどまらずマンション投資のスルガ銀行融資など、それらのスキームの源泉は、銀行から借りた利息よりもリターンが上回っているかどうかという点である。

基本的に物件を購入するとき、ローンは必須になる。その数十年のローンに対しての賃借料(+減耗後の資産価値)が上回るという見込みでマンションを購入するわけだから、冒頭の見出しとうのは至極普通の理論なのである。もう一度改めると、

(投資のリターン(年利))>(銀行金利(年利))

のとき、投資行動を行う”べき”となる。もちろんリスクとの兼ね合いもあるので、これを行う行わないは自己責任になる。

過去預金利息が高かった時代で言えば、

(投資のリターン(年利))>(銀行利息(年利))

の時に投資を行う人が多く、この一つの末路としてバブルおよびその崩壊があったのだが、それはまた別の話。

いずれにしても投資においては今借りたことにより将来の価値の増加が見込まれる場合は借りたほうが良いということになる。

基本的には不動産投資しか融資はない

FXします!株します!ということで借金をこしらえることは基本的には難しい。方法としてあるとするならば、無目的ローンやフリーローンといった類のものだろう。年利がどのくらいかというところだが、3~6%というのが許容範囲かというところ。

これは日常のカード払いなどでもクレカ会社から、プランとしてお勧めされることもあるかもしれない。

もちろん無理な投資は禁物だが、リターンとして期待ができるのであれば、一つ挑戦してみる、というのも手かもしれない。

どっちにしてもマンション投資も地獄なんだぜ……AIの予想としては9割のマンションの価値が下がるというニュースが最近あったが、マンションの価値が下がる→家賃収入は減る(住まなくなる)→回収見込みなくなる→大量の負債を抱える

ということ。このようなことになる不動産投資と比較すると、意外と負担なく行えるのがFX系の投資といってもいいかもしれない。(暴論は承知の上だが、一つの見方として提示しておく)

全ては投資行動と捉えるべきか

家を買ったり売ったりするというライフイベントに関しては、男なら!とかいう時代には成立していたかもしれない。

あるいは公務員や上場企業などの有名どころであれば、当然のようにライフイベントを実行するだろう(転勤族は厳しいかもしれないが)

然しながら問題は、こんなライフイベントに関しては現在にそぐわないということは念頭に置くこと。

若者の〇〇離れ というのは、資産価値の問題という側面もある。デフレで現物資産に価値が見出せない、そうしたのは誰だ? ゲームのデータに心を奪われることをオッサンたちは揶揄するかもしれないが、その土台を築いたのは間違いなくバブルに浮かれそしてそれを崩壊させた日本社会全体の機運であり責任ではないか。

まず土地を買うというのは投資であり、これが現在価値に対し将来どうなるか、という点も念頭に入れている方が今では潜在的に増えていると思う。価値がつかなければ意味がない。

もちろん家を買うには周辺の環境などを考慮し、子供の生きやすさなども考えることが大切とは思う。むしろこれを最優先にし、家の価格を度外視する場合もあることは否めない。しかし、やはり現実を生きなければならない僕らにとっての課題は、自分がせっかく買う家が将来どのような査定をされ、払いきったローンに対してどのくらいのお金が戻るのか、その点についてをしっかりと見定めなければならないということだ。

環境を考えるのであれば賃貸で住んだ方が機動力も高く、失敗したときのリスクも小さいといえる。

そしてその資金をどこに投資するか……私のサイトなのでこれが結論なんだが、”FXはどう?”ということ。

リスクはほどほどに。!!

特報! Project OPA カウントダウン開始!!

11Days 18Hours 38Minutes 28Seconds
以下はまだ未定稿ではございますが、いち早く情報を得られたい方は、お気軽にお問い合わせください。すでに多くの方から連絡を頂戴しております。

 

時は令和、AI時代の火蓋が切って落とされました。

AI時代には過去のトレードロジックは意味のないものとなるのでしょうか?

手動トレードと自動トレード、どちらがいいのでしょうか?

今回は皆様が常々抱いている全ての固定観念をぶち壊すお話と、世界最高峰と自負する完全オリジナルEA(FXの自動売買ソフト)、そして、長年信頼と実績の「WallStreet Forex Robot」という、EAをお届けしたいと思います。

この記事に出会ったあなたは、きっと自動売買と、手動取引両面の真理について、多くのトレーダーよりも詳しくなっているとともに、真実の世界を垣間見ることとなるでしょう。

  • Sentiment Analysis日本語訳版(4,200円)
  • Wallstreet Forex Robot 正規ライセンス(37,000円)
  • PBEA(自動売買ツールfor Japanese)(39,800円)
  • OPA(自動売買ツール)(1,500,000円~PRICELESS)
  • Tradeview優待口座(PRICELESS)
  • その他の個別サポート

※すべての特典を受けるためには、口座開設金額等に条件がございます。

これらの全貌を知りたい方は以下から

未分類

【コラム】投資は余裕資金で行うべき? 資産形成の観点から考える。
投資というのは余裕資金で行うべきなのか? 考えたい。 銀行金利より高いリターンが望めるなら借りるべき 見出しで度肝を抜かれた人もいるかもしれないが、これが今の投資行動の主流と言って間違いはない。 かぼちゃの馬車や大東建託、東建コーポレーション、レオパレスなどのオーナーの一括借り上げ制度、にとどまらずマンション投資のスルガ銀行融資など、それらのスキームの源泉は、銀行から借りた利息よりもリターンが上回っているかどうかという点である。 基本的に物件を購入するとき、ローンは必須になる。その数十年のローンに対しての賃借料(+減耗後の資産価値)が上回るという見込みでマンションを購入するわけだから、冒頭の見出しとうのは至極普通の理論なのである。もう一度改めると、 (投資のリターン(年利))>(銀行金利(年利)) のとき、投資行動を行う”べき”となる。もちろんリスクとの兼ね合いもあるので、これを行う行わないは自己責任になる。 過去預金利息が高かった時代で言えば、 (投資のリターン(年利))>(銀行利息(年利)) の時に投資を行う人が多く、この一つの末路としてバブルおよびそ

続きを読む

【詐欺とは言わないが】低質なnote系トレーダーにはご用心! 業界ぐるみで君を騙そうとしている
【会員限定】本当に勝てるEAとは何かの究極解 ヒントはブローカーのタイプそのものにある
IB業者(ブローカーを紹介して報酬をもらう人)は果たして悪か? その存在意義を考える

「未分類」記事をもっと見る

未分類 人気記事

記事が見つかりませんでした。