【EA進捗状況】3者の開発状況とその販売戦略について 水面下では激しく動いている現状!!@7/23

3者…誰やねんというところですが最有力はThang…ブローカーで働いており勝利の真髄を見つけた男です。

もう一人はAsumaniという世界ランク1位に輝いたEAを作った作者。鋭意バックテスト中とのことです。

彼からは資料を頂きました。転送するわけにはいかない(whatsAppからの方法を知らない)ので、スクショだけお見せしたいと思います。

コードネームはアバター。アバターといえば日本では映画や、やや死後になって言る、自分を仮託したアメーバなどブログのキャラクターですね。でもおそらく今回も尊師の一人なのでしょう。まあ楽しみです。

もう一人はMMHの人です。ロシアン、気まぐれなロシアンよ。彼は私と共に販売戦略を行ってくれるのだろうか。

番外編としてはもう一人のロシア人。実業が忙しい‥というところで雲隠れはしましたが、ズッ友だよ…という言葉を残しながらなかなか連絡が取れなくなっています。まあそれも良し…なのでしょうか、いやいや。頑張ってもらわなければ。

二人は日本販売の日も近い。

二人に関しては日本でリリースする日も近くなっています。世界クオリティを引っ提げて凱旋、というところですから、ほとんど今までの人は敵わないでしょう。

たのしみですね。これからも頑張って交渉を継続してまいります。こうご期待!

またYouTubeの動画も見てね!

特報! Project OPA カウントダウン開始!!

以下はまだ未定稿ではございますが、いち早く情報を得られたい方は、お気軽にお問い合わせください。すでに多くの方から連絡を頂戴しております。

 

時は令和、AI時代の火蓋が切って落とされました。

AI時代には過去のトレードロジックは意味のないものとなるのでしょうか?

手動トレードと自動トレード、どちらがいいのでしょうか?

今回は皆様が常々抱いている全ての固定観念をぶち壊すお話と、世界最高峰と自負する完全オリジナルEA(FXの自動売買ソフト)、そして、長年信頼と実績の「WallStreet Forex Robot」という、EAをお届けしたいと思います。

この記事に出会ったあなたは、きっと自動売買と、手動取引両面の真理について、多くのトレーダーよりも詳しくなっているとともに、真実の世界を垣間見ることとなるでしょう。

  • Sentiment Analysis日本語訳版(4,200円)
  • Wallstreet Forex Robot 正規ライセンス(37,000円)
  • PBEA(自動売買ツールfor Japanese)(39,800円)
  • OPA(自動売買ツール)(1,500,000円~PRICELESS)
  • Tradeview優待口座(PRICELESS)
  • その他の個別サポート

※すべての特典を受けるためには、口座開設金額等に条件がございます。

これらの全貌を知りたい方は以下から

OPA最新情報!全ての頂をあきらめない

 

現在鋭意開発中のOPAに関し、EA業界全体の問題点およびその解決に向けた努力についての一方が寄せられました。今までのEAの究極の問題点に言及しつつ、それを超越しようとする努力のほどがうかがわれています。

現状としては結果は多少改善されているものの、本番環境に実装できるまでには至れていないというのは事実です。それを超越することをあきらめないThang。彼の未来、そして我々の未来に栄光あれ!

EA情報

【EA】WallStreet Forex Robotの2019年の成績は衝撃だった。伝説にして現役の神EA
FXの自動売買ソフト(EA)である、 WallStreet Forex Robotの2019年の結果を見ていきましょう。 結論から言うと…衝撃です。 2019年結果 設定については現在のところ当方からTradeview Forexを利用している方のみに公開しているため、 ここでお示しすることはできませんが、注目していただきたいのは獲得pips。 1119pipsというのは、単純に衝撃ではないでしょうか。 単利の場合は1,119,000円 100万円で1ロット固定運用をした場合、なんと約1,119,000円の利益となっていることがわかります。 ※手数料を除き、1pipsの利益を100円とする レバレッジを賭けて運用すれば資金効率が極めて高いことがわかります。 1000万円の資金があれば1119万。驚愕の成績です。 複利は注意が必要 資金が増えていくとともに取引量を増やす複利モードも、 WallStreet Forex Robotには搭載されています。 しかし、このモードには注意が必要で、ある程度順調に増えていって調子に乗っ

続きを読む

【2019年12月4週目】OPA-β、年末調整のためか稼働なし
【1週目】OPA-βの順調な滑り出し +10%爆益へ
OPAの開発状況 苦境続くが年内には?(11/30)
【速報】Project OPAに驚愕の進展! 全ての頂点を、あきらめない。

「EA情報」記事をもっと見る