IB業者(ブローカーを紹介して報酬をもらう人)は果たして悪か? その存在意義を考える

IBの本質を理解していない方が多いです。
IBすなわちアフィだろ?というわけです。

しかしIBは紹介した分の責任は実質上発生いたします。(法的には発生しないともとらえられますが)というのは各トレーダーのトレードによる手数料を得ることによって成り立っているのですから。

アフィの場合は、基本的には1度制約すればそれで終わりで、アフターフォローの必要はありません。

実際に取引を行うのはユーザーとブローカーの間ですが、それを取り次ぐ存在として、道義上は、彼らに対するフォローは必要となります。

質の低いIBは担当デスクと話したことさえない

実際のところ、たいていの人はヘルプデスクと連絡を取ったことがないままに、HPの情報の比較のみでブローカーを紹介しています。

メール一通さえ送ったことがなくても、数百万稼いでいる人はいます。

もちろんこのことだけで悪質良質を唱えることはできませんが、これだと万一のトラブルに対応できません。「自己責任」ということで、

悪質なIBはEAや教材を抱き合わせる

取引手数料に目がくらんで、儲け先行になり、「自分のIB口座を開いて入金したらオリジナルEAや教材をやろう」といいます。

これは低質というよりは陰湿といってもいいと思います。

これはつまり「俺に金を貢げ」と言っているのと同じことで、詐欺的といって過ぎた言葉ではないと思います。

そもそも、にわか仕込みでバックテストを良く見せただけのEAや教材は、たいていあまりいい結果を残しません。

はっきりいって、「もうけさせるつもりはない」です。気を付けてください。

キャッシュバックIBは善良なほう

キャッシュバックに関しては、ポイント
しかしキャッシュバックが大きいと、スプレッド(買い価格と売り価格の差)特にスキャルピングをするときには極めて不利になります。
資産は目減りするがキャッシュバック額が増えるからいいのではないか? という話もありますが、なかなか簡単ではないことがわかるでしょう。

もしも…キャッシュバックが最初からされている状態だったら、どうしますか?

実はキャッシュバック口座は、いわばIB顧客の取引リベートをいったんキャッシュバック業者の手元に置いておき、申請があればお支払いするというシステムです。場合によって、最低払い出しや申請期日(取引から6か月以内など)条件があるため、下手をすれば業者側に想取りされてしまいます。

キャッシュレス社会の仕組みであり、ありきたりといえばそうなのですが、このことを深く考えないで、なんとなくトレードを続けていくと、引き出せなくなる!ということもあります。(会社が蒸発するリスクもあり!)

このように考えるとキャッシュバックIBを利用するリスクは以下の3つもあるといえるでしょう。

1.ブローカーが消える可能性
2.キャッシュバック業者が消える可能性
3.キャッシュバック条件に到達できない可能性

1.については投資をしていれば誰もが知らないうちに持っているリスクになりますが、それ以降のリスクは不要ではないでしょうか?

こういうIBは悪質だろうか?

上記のような問題をすべて解決しているのが、ほかならぬ私です。

  • ブローカーの責任者に通じており、問題があった場合はサポートが可能
  • 有益な情報を常に提供しようと努めている
  • 抱き合わせでの開設要求を決して行わない

当方のようなIBは果たして、ひとえに悪質と言えるでしょうか?

それに加えて、手数料面についても、とてもよく考慮されています。

お約束上、はっきりとは書けないのですが、例えば……

もしも、キャッシュバックが最初からされている状態だったら、どうしますか?

スプレッドが狭いため、もともとキャッシュバックされている形だったらどうでしょうか。

裁量トレードだけでなく、EAによるトレードでの期待利益も飛躍的に増加します。

そんなブローカーで戦ってみたいとは思いませんか?

特報! Project OPA カウントダウン開始!!

42Days 10Hours 18Minutes 34Seconds
以下はまだ未定稿ではございますが、いち早く情報を得られたい方は、お気軽にお問い合わせください。すでに多くの方から連絡を頂戴しております。

 

時は令和、AI時代の火蓋が切って落とされました。

AI時代には過去のトレードロジックは意味のないものとなるのでしょうか?

手動トレードと自動トレード、どちらがいいのでしょうか?

今回は皆様が常々抱いている全ての固定観念をぶち壊すお話と、世界最高峰と自負する完全オリジナルEA(FXの自動売買ソフト)、そして、長年信頼と実績の「WallStreet Forex Robot」という、EAをお届けしたいと思います。

この記事に出会ったあなたは、きっと自動売買と、手動取引両面の真理について、多くのトレーダーよりも詳しくなっているとともに、真実の世界を垣間見ることとなるでしょう。

  • Sentiment Analysis日本語訳版(4,200円)
  • Wallstreet Forex Robot 正規ライセンス(37,000円)
  • PBEA(自動売買ツールfor Japanese)(39,800円)
  • OPA(自動売買ツール)(1,500,000円~PRICELESS)
  • Tradeview優待口座(PRICELESS)
  • その他の個別サポート

※すべての特典を受けるためには、口座開設金額等に条件がございます。

これらの全貌を知りたい方は以下から

未分類

【コラム】投資は余裕資金で行うべき? 資産形成の観点から考える。
投資というのは余裕資金で行うべきなのか? 考えたい。 銀行金利より高いリターンが望めるなら借りるべき 見出しで度肝を抜かれた人もいるかもしれないが、これが今の投資行動の主流と言って間違いはない。 かぼちゃの馬車や大東建託、東建コーポレーション、レオパレスなどのオーナーの一括借り上げ制度、にとどまらずマンション投資のスルガ銀行融資など、それらのスキームの源泉は、銀行から借りた利息よりもリターンが上回っているかどうかという点である。 基本的に物件を購入するとき、ローンは必須になる。その数十年のローンに対しての賃借料(+減耗後の資産価値)が上回るという見込みでマンションを購入するわけだから、冒頭の見出しとうのは至極普通の理論なのである。もう一度改めると、 (投資のリターン(年利))>(銀行金利(年利)) のとき、投資行動を行う”べき”となる。もちろんリスクとの兼ね合いもあるので、これを行う行わないは自己責任になる。 過去預金利息が高かった時代で言えば、 (投資のリターン(年利))>(銀行利息(年利)) の時に投資を行う人が多く、この一つの末路としてバブルおよびそ

続きを読む

【詐欺とは言わないが】低質なnote系トレーダーにはご用心! 業界ぐるみで君を騙そうとしている
【会員限定】本当に勝てるEAとは何かの究極解 ヒントはブローカーのタイプそのものにある
IB業者(ブローカーを紹介して報酬をもらう人)は果たして悪か? その存在意義を考える

「未分類」記事をもっと見る