フリートレードプランの手数料体系について

令和元年10月10日より、新料金体系が決定いたしましたので、お知らせをいたします。

現在多くの方に選択・乗り換えをしていただき、誠にありがとうございます。今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

新料金体系

新料金体系は、MT5・MT4・cTraderのプランに別れています。もっとも利用者が多いのはMT4ですが、今回はMT5からご説明を申し上げていきます。

MT5とMT4プランは、条件は似ていますが、ところどころ異なる点がある点にはお気を付けください。

MT5プラン

特上プラン

  • MT5特上口座:IB手数料0→世界最安の価格でトレードを行っていただけます。(ブローカー手数料は250円/Lot)
  • 適用条件:MT5スタンダード口座に50万円以上、同特上口座に10万円以上を入金のこと
     MT5スタンダード口座は資金をEA(自動売買)などで定期的に運用すること(口座凍結されないようにご留意ください)

※ILC口座の最低取引量は0.1Lotから、レバレッジは初期状態100倍、最大200倍、スタンダード(Xレバレッジ)の裁定取引量は0.01Lotから、レバレッジは500倍となっております。

スタンダードプラン

  • MT5スタンダード口座:IB手数料800円引き→世界最安レベルでのハイレバれっじトレードが可能です。(ブローカー手数料:0)

適用条件:当方からの口座開設OR乗り換え、かつ1万円以上入金のこと。

注意

特上プランの場合、スタンダードプランの開設が必要ですが、このスタンダードプランはすでに減額が適用されたものとなっています。

MT4プラン

特上プラン

※条件が改訂されています。必ずご確認ください。

  • MT4特上口座:IB手数料0→世界最安の価格でトレードを行っていただけます。(ブローカー手数料は250円/Lot)

適用条件:OPA参加(50万円~)詳しくはお問い合わせください。

※ILC口座の最低取引量は0.1Lotから、レバレッジは初期状態100倍、最大200倍、スタンダード(Xレバレッジ)の裁定取引量は0.01Lotから、レバレッジは500倍となっております。

スタンダードプラン

  • MT4スタンダード口座:IB手数料800円引き→世界最安レベルでのハイレバレッジトレードが可能です。(ブローカー手数料:0)

適用条件:当方からの口座開設OR乗り換え、かつ1万円以上の入金のこと。
(10万円入金で、WallStreet Forex Robotという4万円相当のEAを差し上げます)

注意

特上プランの場合、スタンダードプランの開設が必要ですが、このスタンダードプランはすでに減額が適用されたものとなっています。

cTraderプラン

cTrader手数料:2.7ドル/Lot(本来5ドル)で行っていただけます。

こちらも世界最安の価格となります。適用条件ですが、

  • MT5/MT4のスタンダードプランに10万円以上を入金し、トレードを行うこと
  • MT5/MT4の特上プランに参加

のいずれかとなっております。

よくある質問

MT5とMT4はどちらがいい?

スプレッドや速度処理としてはMT5が現在では上回っているという認識が多数です。

MT4はプログラムの練習用に、MT5は上級者用にというイメージです。WallStreet Forex Robotという

歴代最高峰のEAにおいても、すでにMT5には対応しております。

現状EAの量で言えばMT4ですが、性能を考えるとMT5に軍配が上がりそうです。

条件が複雑です!

お気軽に[email protected]まで! 資産状況に見合ったコースをご提案差し上げます。

投資額10万円の方や、500万円クラスの方まで、皆さんに合ったプランでの投資で、ご満足いただいております。

cTraderの強みは?

専用アプリ(プラットフォーム)で高速スキャルピングができるところにあります。

MT5とどちらが強いか!?という点については検証の余地があるところですが、常勝トレーダーの方の

多くはcTrader利用者が多いということはよく耳にするお話です。私自身はMT4/MT5がベースではありますので、人それぞれの好みかと思います。

(参考)ダメ絶対!

IBとして減額やサポートを全く行わず、ボーナスのキャッシュバック目当てのアフィリエイトをされている方が多く散見されます。こういった方の情報は大してあてにならないどころか、害悪であることが多いです。当方を選択していただくかどうか、それは皆様の自由意志に任さられるところでありますが、最低でもキャッシュバックがあるIB、サポートの手厚いところが望ましいといえます。

開設は以下から

新規開設の場合

https://www.tradeviewforex.com/jp/open-live-account.php?ib=2283

乗り換えの場合

乗り換え希望の方は、こちらから口座を追加いただき、備考欄にIB=2283をご指定の上、

https://fx.tradeviewforex.com/jp/additional-account/?url=ja/accounts/forms/additional-account

[email protected]までご連絡ください。

担当者がTradeviewとやりとりを行い、可及的速やかに金額適用を行います。

コロナショックを撃破した完全無欠のEA見参

βテスト版の研究を経て問題点を洗い出し、ついに現行の”OPA=NEW”が完成。
2020年2月の運用からわずか1月もない間に、リーマンショック級の未曽有の相場混乱状態に見舞われました。

NEW=OPA
~いかなるマーケットをも制圧する最強のSAロジックEA~
ここに降臨。

コロナショックを耐えしのぐだけでなく、利益すら上げるという、凄まじい成果を上げました。

「この壮大なストレステストに耐えることができたEAは、今後どのような相場にも打ち克つことができるだろう」-C.Thang(開発者)

OPAの3ロジック

メインロジックは、「Aurora」「Kite」「Mito」の3種類から成り立ちます。なおこれらの一つ一つは数百のサブロジックから構成されている大変複雑なものです。

いずれもThangが著した「Sentiment Analysis」をベースに構築したEAとなっています。

  • Aurora: long term swing trading target for 200-1000 pip trends
    (200-1000pipsの長期スイングトレードでの爆発力を目指す)
  • Kite: hunt for stop loss zone of retail traders and trade on the same side of smart money
    (リテール(ブローカーなど)のストップロスゾーンを探し、SA理論のSMサイドでの取引)
  • Mito: short term intraday strategies based on sentiment analysis and momentum
    (SA理論とトレンドの勢いに基づいた短期トレードストラテジ)

Strategy Analyzerによるバックテスト

0.1ロット固定(2005-2020)

メイン通貨のみで約1299259ドル(約1.4億円)という安定かつ絶大な仕上がりとなっております。
また、固定ロットでこの性能はほとんど見かけないと言って過言ではないでしょう。
(→MT4によるバックテストはこちら

本気のEAに出会えたあなたに祝福を!!

トレードシステム部門に長年在籍し、投資理論を完全解明させたThang氏による渾身のEA、「OPA」ついに始動!

このEAには、偽商材やただEAを売るためのEAの呪縛から解放されてほしいという、私たちの切なる願いが込められています。

これらの全貌を知りたい方は以下からどうぞ。

チャート分析

【最強理論】OPAのベースとなるSA理論-Sentiment Analysis-が5分でわかる!SA入門
史上最高傑作ではないかと国内外から評価されているシステム、OPAですが、このベースとなるSA理論(Sentiment Analysis、感情分析)が2分でわかるように、私見を交えながら、最も分かりやすい解説をしていきたいと思います。 Sentiment Analysisより 実はSentiment Analysisの冒頭には、私たちの常識を覆す全てが集約されています。早速見ていきましょう。 私は証券会社でFXディーラーとして働いていたとき、疑問に感じたことがある。 「なぜ負けトレーダーの割合はこんなにも高いのか。ゼロサムゲームであるはずのこの世界で、こんなことはとても考えられない」 この問いかけが、ディーリングにおける究極解に至る始まりの一歩だった もし誰かが大げさにこのような警鐘を鳴らそうとしよう。 「小口トレーダーの99%以上は、大口に食いつぶされるか、その戦略的失敗、また依存的な狂信取引により、完全に資産を失うことになるであろう」 確かに大げさであるが、私には全く響かない――なぜならそれは、あまりにも当たり前すぎるからだ。 それはなぜか。

続きを読む

【本質のFX】勝てるトレードは破綻し、勝てないトレードこそが勝利を得るというSA理論について
【裏話】FXで勝ち続けるために行ったことと教訓と
【お詫び】Sentiment Analysis(感情分析)の翻訳が旧バージョンになっていたので差し替えを行いました。
【コラム】Dattongの逆を行けば勝てるのではないかという説浮上 あえてダメトレをして養分製造している説

「チャート分析」記事をもっと見る