【OPA】3/24 その本気の衝動を、OPAはやめることはないだろう。<最高益更新>

2020年3月のOPA近況です。

持越しギャップがなく爆益

ウィークリーギャップがあまりなかったこともあり、相場に振り回され過ぎずに最高益を更新しています。

ギャップがあるような狂乱相場には弱いものの、ある程度落ち着いてくれば実力が発揮されるのかもしれません。

ただし、あまりにもレンジ相場だと、往復ビンタを食らうタイプのEAではありますので、まったりとしたトレンドが継続し、また買いと売りのポジションにギャップが続けば、有利な展開が続くと思われます。

ちなみに、現在残高ではなく、含み益で利益を見てください。多くのヘッジ系・マーチン系EAの誤謬ですが、含み損が膨れ上がっている事態を無視し、myfxbook上に表示される残高にのみ注目させる方がいますが、それは誤りです。あくまで含み損益のみに着目するのがEAの正しい見方です。

About risk assessment, if the EA showing drawdown in Balance curve, but Equity curve is stable or making new high – then it is no problem. Balance curve means nothing, the true money that you have right now is always the Equity curve. If a trader is good, then his equity curve will be rising. If he is bad, then balance curve may look pretty, but equity curve sucks. So my advice is to turn off the balance curve in myfxbook, and only make assessment of Drawdown with the Equity curve.

―Thang

リスク評価については、(現在)残高ではドローダウンをしめしているが、含み益に関しては安定推移をしている。この含み益(エクイティカーブ)が高値を示している限りは何も問題ありません。現在の残高は何も意味していません。
なぜなら私たちが今持っている真のお金は常にエクイティカーブです。良いトレーダーであれば、エクイティ曲線が上昇します。
悪いトレーダーの場合は、現在残高はきれいに見えるかもしれませんが、エクイティ曲線はよくありません。

したがって、myfxbookの結果を見る際には、”残高”をオフにし、”有効残高”(エクイティカーブ)のみで評価をすることをおすすめします。

Thangのメッセージ

ここではユーザー専用のTelegramにおけるThang氏の発言集をお送りいたします。

ウィークリーギャップについて

hello, about weekend carry over, I already considered about this.
1. Weekend gaps can be in our favor or against our positions. The chance is 50/50 and we don’t know whether it will be good or bad.

For the last 2 weeks, it has been working against our positions which is not good. But statistically, it is normal and I can’t make the decision based on 2 times unfortunate gaps.

If next time I turn the EA off before the weekend and the gap are in our favor then it’s not good again… and I will be to blamed. We only have 2 choices, trust the backtest and trade with discipline, or we break the rules … and the systems will be a random walk.

こんにちは、ポジション持越しについての問題についてはよく考えています。
週末ギャップが好まれるか好まれざるかは半々の割合であり、良い方向に行くかどうかは私たちにはわかりません。
この2週間、私たちの期待に反した動きをしていたが、統計的にはこれは普通のことで、この2例をもって持越しを辞めるという結論には至れません。
もし私が持越しを辞めて、次の週に良い結果をもたらすとするのであれば、私はまた責められるだろう…
私たちには二つの選択肢があります。それはバックテストを信じルールにのっとったトレードをするか、あるいはそれを破るか…後者の場合システムはランダムウォーク(でたらめ)になってしまいます。(以下略)

トレーダーの誤謬

many traders make the mistake of trying to change their trading strategies when market conditions change; and their EA can’t cope with new market environments. This mistake includes reoptimization of parameters or trying to introducing new rules to “fit” with short term results.

But as the market is always changing, moving from one phase to a different phase ( trending/sideway, low volatility/high volatility, stable/choppy) , it’s like a dog keep chasing its tail. You can’t get consistent result by using inconsistent rules.

多くのトレーダーが、マーケット環境が変わった際に自分のトレードスタイルを変えようとする間違いを犯しています。この種の間違いにはEAのパラメーターを再調整(オプティマイズ)するなどといったことが含まれています。短期的に結果をフィットさせるためにこのようなことが行われています。

ただマーケットはいつも変っていて、ある段階からとある段階へと、常に変化をし続けている。トレンドが出たりでなかったり、ボラが低かったり高かったり…まるで犬がしっぽを追いかけてぐるぐる回っているようだ。一貫性のないルールを利用しても、一貫性のある結果を得ることはできません。

参加可能、興味があればどうぞ

3月24日に実稼働が開始いたしました。

現在も参加の門戸は開いております。急いて決断してほしいとは思わないですし、当方は集金マシンになりたいわけでもありません。

以下のリンクから申し込みが可能です。また、リンク先のSentiment Analysisの論文をご覧に入れながら、じっくり検討されてみてはいかがでしょうか。

コロナショックを撃破した完全無欠のEA見参

βテスト版の研究を経て問題点を洗い出し、ついに現行の”OPA=NEW”が完成。
2020年2月の運用からわずか1月もない間に、リーマンショック級の未曽有の相場混乱状態に見舞われました。

NEW=OPA
~いかなるマーケットをも制圧する最強のSAロジックEA~
ここに降臨。

コロナショックを耐えしのぐだけでなく、利益すら上げるという、凄まじい成果を上げました。

「この壮大なストレステストに耐えることができたEAは、今後どのような相場にも打ち克つことができるだろう」
と、開発者のThangも申しています。

OPAの3ロジック

メインロジックは、「Aurora」「Kite」「Mito」の3種類から成り立ちます。なおこれらの一つ一つは数百のサブロジックから構成されている大変複雑なものです。

いずれもThangが著した「Sentiment Analysis」をベースに構築したEAとなっています。

  • Aurora: long term swing trading target for 200-1000 pip trends
    (200-1000pipsの長期スイングトレードでの爆発力を目指す)
  • Kite: hunt for stop loss zone of retail traders and trade on the same side of smart money
    (リテール(ブローカーなど)のストップロスゾーンを探し、SA理論のSMサイドでの取引)
  • Mito: short term intraday strategies based on sentiment analysis and momentum
    (SA理論とトレンドの勢いに基づいた短期トレードストラテジ)

Strategy Analyzerによるバックテスト

0.1ロット固定(2005-2020)

メイン通貨のみで約1299259ドル(約1.4億円)という安定かつ絶大な仕上がりとなっております。
また、固定ロットでこの性能はほとんど見かけないと言って過言ではないでしょう。
(→MT4によるバックテストはこちら

本気のEAに出会えたあなたに祝福を!!

トレードシステム部門に長年在籍し、投資理論を完全解明させたThang氏による渾身のEA、「OPA」ついに始動!

このEAには、偽商材やただEAを売るためのEAの呪縛から解放されてほしいという、私たちの切なる願いが込められています。

これらの全貌を知りたい方は以下からどうぞ。

EA情報

【OPA理論の柱】B-Book的逆転トレードを考察する。機関車の前で小銭を拾うか、そんな彼らから掠め取るか
この記事はOPAの軸となるSA理論について、一般の方にも説明できるように解説しております。 ※これらの記事についての掲載は事前にThang氏から監修をいただいており、ややくだけた表現をしながらも、SA理論と本質的には内容が同一となっております。 B-Bookとは? B-Bookブローカーという言葉を聞いたことはおありかと思います。 これらのブローカーは、顧客の注文をマーケット(LP)に流さず、仮想でトレードをさせる仕組みを提供しています。 あたかも真面目なブローカーのように見せて、裏側で注文をしていないというややグレーな存在です。 こういったやり方を、「顧客の注文を呑む」といった表現をしますが、B-Bookは顧客の注文を呑むばかりでなく、ヘッジトレードをすることでも知られています。 ヘッジトレードとは? 顧客が買いをいれれば、B-Bookは売りをいれる。 顧客が売りを入れれば、B-Bookは買いを入れる。 こういった逆張りポジションを行うのです。顧客の多くは超短期的には利益を上げるため、ブローカーは一時的に 損をします。しかしな

続きを読む

【最強理論】OPAのベースとなるSA理論-Sentiment Analysis-が5分でわかる!SA入門
【OPA】3/24 その本気の衝動を、OPAはやめることはないだろう。<最高益更新>
【EA】しれっと壁が爆益な件
【コロナショック】狂乱相場でも爆益? ここでOPAの真価が問われる

「EA情報」記事をもっと見る