【コロナショック】狂乱相場でも爆益? ここでOPAの真価が問われる

平常時の相場のバックテストが良いEAはいくらでもありますが、大事なのはこのようなコロナショック相場のときにどのように対応できるかでしょう。

※2020年3月13日現在

アキラFXさんや、cisさんなども大ダメージを受けており、米投資家のジム・クレイマーは番組中に追証の電話が鳴るなど、素人はもとより、玄人をも断崖から突き落とすような様相となっています。

このような相場におけるOPAの近況を見てみましょう。

OPAは今のところ手堅い

現在もなお、出口のない相場ではありますが、トレンドを検知し、それに乗り、失敗したらすぐに降りるというシステムロジックは、とりわけ長期的な情勢をつかみ取るのが得意です。

しかしここ2日間にかんしては、短時間での上下が激しかったため、なかなかその効果を発揮できませんでした。

今はどうでしょうか。

3月13日現在、無事に含み益を持ちながら推移しています。トレンドが同じ方向に続くのであれば、かなりの利益をもたらしそうです。とりわけ金(XAU)については、2月はロングでの爆益でしたが、3月の現在はショートを重めに握っている様子です。

流れが続くか、また変わるかで、今後のプロフィット幅は大きく変わるかもしれませんが、いずれにせよ、この騒乱相場を生き抜いているだけ、優秀と解釈することもできるでしょう。

未曽有の状況だからダメなのは仕方ないからの意識革命

おそらく多くのEAはこういったことを想定外とするか、あるいは、コロナショックは想定内なので普通はEAを止めるべきといった苦しい言い訳をすることが予測されます。

しかし、EAの基本設計は、未曽有の状況に対してどう反応するか、です。

普通のEAは、主にリーマンショックを経てなお生き残るように設計されたEAが基本です。(2012年あたりからテストしているEAは論外です)

テストしたうえで、未曽有の状況=ブラックスワンに強みを持てるか、それが本当のEAの価値だと思います。

今後のOPAの活躍にますます期待が持てそうです。

コロナショックを撃破した完全無欠のEA見参

βテスト版の研究を経て問題点を洗い出し、ついに現行の”OPA=NEW”が完成。
2020年2月の運用からわずか1月もない間に、リーマンショック級の未曽有の相場混乱状態に見舞われました。

NEW=OPA
~いかなるマーケットをも制圧する最強のSAロジックEA~
ここに降臨。

コロナショックを耐えしのぐだけでなく、利益すら上げるという、凄まじい成果を上げました。

「この壮大なストレステストに耐えることができたEAは、今後どのような相場にも打ち克つことができるだろう」
と、開発者のThangも申しています。

OPAの3ロジック

メインロジックは、「Aurora」「Kite」「Mito」の3種類から成り立ちます。なおこれらの一つ一つは数百のサブロジックから構成されている大変複雑なものです。

いずれもThangが著した「Sentiment Analysis」をベースに構築したEAとなっています。

  • Aurora: long term swing trading target for 200-1000 pip trends
    (200-1000pipsの長期スイングトレードでの爆発力を目指す)
  • Kite: hunt for stop loss zone of retail traders and trade on the same side of smart money
    (リテール(ブローカーなど)のストップロスゾーンを探し、SA理論のSMサイドでの取引)
  • Mito: short term intraday strategies based on sentiment analysis and momentum
    (SA理論とトレンドの勢いに基づいた短期トレードストラテジ)

Strategy Analyzerによるバックテスト

0.1ロット固定(2005-2020)

メイン通貨のみで約1299259ドル(約1.4億円)という安定かつ絶大な仕上がりとなっております。
また、固定ロットでこの性能はほとんど見かけないと言って過言ではないでしょう。
(→MT4によるバックテストはこちら

本気のEAに出会えたあなたに祝福を!!

トレードシステム部門に長年在籍し、投資理論を完全解明させたThang氏による渾身のEA、「OPA」ついに始動!

このEAには、偽商材やただEAを売るためのEAの呪縛から解放されてほしいという、私たちの切なる願いが込められています。

これらの全貌を知りたい方は以下からどうぞ。

EA情報

【OPA理論の柱】B-Book的逆転トレードを考察する。機関車の前で小銭を拾うか、そんな彼らから掠め取るか
この記事はOPAの軸となるSA理論について、一般の方にも説明できるように解説しております。 ※これらの記事についての掲載は事前にThang氏から監修をいただいており、ややくだけた表現をしながらも、SA理論と本質的には内容が同一となっております。 B-Bookとは? B-Bookブローカーという言葉を聞いたことはおありかと思います。 これらのブローカーは、顧客の注文をマーケット(LP)に流さず、仮想でトレードをさせる仕組みを提供しています。 あたかも真面目なブローカーのように見せて、裏側で注文をしていないというややグレーな存在です。 こういったやり方を、「顧客の注文を呑む」といった表現をしますが、B-Bookは顧客の注文を呑むばかりでなく、ヘッジトレードをすることでも知られています。 ヘッジトレードとは? 顧客が買いをいれれば、B-Bookは売りをいれる。 顧客が売りを入れれば、B-Bookは買いを入れる。 こういった逆張りポジションを行うのです。顧客の多くは超短期的には利益を上げるため、ブローカーは一時的に 損をします。しかしな

続きを読む

【最強理論】OPAのベースとなるSA理論-Sentiment Analysis-が5分でわかる!SA入門
【OPA】3/24 その本気の衝動を、OPAはやめることはないだろう。<最高益更新>
【EA】しれっと壁が爆益な件
【コロナショック】狂乱相場でも爆益? ここでOPAの真価が問われる

「EA情報」記事をもっと見る