【ご報告】共同開発EAの販売が復活しました! 機能改善などの余地もあるがともかく朗報

遂に販売再開へ

一時販売権利がはく奪されてしまったEAですが、ついに再開となりました。

原因は作者が複数アカウントを持っていたことによるロンダリングなどの懸念とかんがえられ、それをクリアしたようです。

それにしてもしばらく連絡がないところが一定の懸念ではあります…今後ともアイデアを出しながら開発を続けて参りたいと思います!

販売順位は2ページ

この1週間というもの、当然全く売れませんでしたが、それでも2ページ目には残っており、今後の販売拡大にも期待できそうです。

しかし一筋縄ではいかなさそうな事情も否めません。それは……

しかし調子自体は良くない

デモ口座でテスト動作させている現状ですが、実際のところ結果は芳しくありません。

とりわけ相場が反転しなければ、含み損を抱えつつ、損切も早めに行うため、資金の目減りイメ―ジが大きいです。

含み損でバーンアウトするよりもましなんですが、なかなかこれはこれでメンタル的に厳しいなと、色々考えています。

自己開発EAについて

前回宣言したように、バックアップとして同様のイメージから、少し改良したものに関しては水面下で開発を継続しています。

通貨の強弱を考慮に入れるロジックを含めたいところ。ただ本家の方でもその機能を加える予定でもありますので、並行した開発となりそうです。

お詫びセールも検討中

ご不便をおかけしたお詫びセールも検討しているところでえす。

みなさま今後ともご支援ご協力、銅像よろしくお願い申し上げます。

特報! Project OPA カウントダウン開始!!

以下はまだ未定稿ではございますが、いち早く情報を得られたい方は、お気軽にお問い合わせください。すでに多くの方から連絡を頂戴しております。

 

時は令和、AI時代の火蓋が切って落とされました。

AI時代には過去のトレードロジックは意味のないものとなるのでしょうか?

手動トレードと自動トレード、どちらがいいのでしょうか?

今回は皆様が常々抱いている全ての固定観念をぶち壊すお話と、世界最高峰と自負する完全オリジナルEA(FXの自動売買ソフト)、そして、長年信頼と実績の「WallStreet Forex Robot」という、EAをお届けしたいと思います。

この記事に出会ったあなたは、きっと自動売買と、手動取引両面の真理について、多くのトレーダーよりも詳しくなっているとともに、真実の世界を垣間見ることとなるでしょう。

  • Sentiment Analysis日本語訳版(4,200円)
  • Wallstreet Forex Robot 正規ライセンス(37,000円)
  • PBEA(自動売買ツールfor Japanese)(39,800円)
  • OPA(自動売買ツール)(1,500,000円~PRICELESS)
  • Tradeview優待口座(PRICELESS)
  • その他の個別サポート

※すべての特典を受けるためには、口座開設金額等に条件がございます。

これらの全貌を知りたい方は以下から

OPA最新情報!全ての頂をあきらめない

 

現在鋭意開発中のOPAに関し、EA業界全体の問題点およびその解決に向けた努力についての一方が寄せられました。今までのEAの究極の問題点に言及しつつ、それを超越しようとする努力のほどがうかがわれています。

現状としては結果は多少改善されているものの、本番環境に実装できるまでには至れていないというのは事実です。それを超越することをあきらめないThang。彼の未来、そして我々の未来に栄光あれ!

EA情報

【EA】WallStreet Forex Robotの2019年の成績は衝撃だった。伝説にして現役の神EA
FXの自動売買ソフト(EA)である、 WallStreet Forex Robotの2019年の結果を見ていきましょう。 結論から言うと…衝撃です。 2019年結果 設定については現在のところ当方からTradeview Forexを利用している方のみに公開しているため、 ここでお示しすることはできませんが、注目していただきたいのは獲得pips。 1119pipsというのは、単純に衝撃ではないでしょうか。 単利の場合は1,119,000円 100万円で1ロット固定運用をした場合、なんと約1,119,000円の利益となっていることがわかります。 ※手数料を除き、1pipsの利益を100円とする レバレッジを賭けて運用すれば資金効率が極めて高いことがわかります。 1000万円の資金があれば1119万。驚愕の成績です。 複利は注意が必要 資金が増えていくとともに取引量を増やす複利モードも、 WallStreet Forex Robotには搭載されています。 しかし、このモードには注意が必要で、ある程度順調に増えていって調子に乗っ

続きを読む

【2019年12月4週目】OPA-β、年末調整のためか稼働なし
【1週目】OPA-βの順調な滑り出し +10%爆益へ
OPAの開発状況 苦境続くが年内には?(11/30)
【速報】Project OPAに驚愕の進展! 全ての頂点を、あきらめない。

「EA情報」記事をもっと見る