Tradeviewの営業資料から判明するその安全性の高さ(入出金トラブルゼロなど)

営業資料の一部(アピールポイント)

TV側のアピールポイントについて紹介する。

きっとユーザーには役立つ

[voice icon=”https://lh-fx.com/wp-content/uploads/2019/05/img_5ce966e7a507b.png” name=”TVチーフ” type=”l”]弊社のセールスポイントといたしましてスプレッド、約定のシステムのウェブページ、
特長を纏めましたものを以下にお送りいたします。[/voice]

・注文執行

業界最小スプレッド
業界最高水準の約定力
対称スリッページ
リクオートなし
追証なし(ゼロカット)

・信用度

CIMA(ケイマン諸島金融庁)許認可
ライセンス番号・監査証明書公表
1顧客最大35,000ドルの資金補償
外部監査機関 MAINSTREAM社の会計管理
大手銀行による顧客資金の分別管理

・取引環境

ECN・NDD・DMAの透明性
独自のInnovativeLiquidityConnector
プライムブローカー5社と契約(2019現在6社に増
株式・先物・オプションの提供
6種類の取引プラットフォーム

・顧客サポート

24時間日本語サポート

過去に入出金トラブルなし

機関投資家にも柔軟な対応

全社員が金融業界長期経験者
US社員はほぼ米国金融資格所有

・長年の実績

2004年創業の歴史
2000以上の登録IB
100以上のホワイトラベル
多業態に即対応できる経験
世界の批評サイトで高評価

入出金トラブルゼロは安心

過去に入出金トラブルなし 謳っている点は、取引の出口を求めるユーザーにとっては最高の安心材料かと思います。

もちろん営業日ベース等の遅延などはあるかもしれませんが、根本的に着金しない、出金できないということがないという点においては信頼が固いでしょう。やはりケイマン金融の認証を得るためのたゆまなる努力がうかがえるところです。

ホワイトラベルにも注目

一般には気づきにくい要素として、「100以上のホワイトラベル」とあります。

以前「TVはホワイトラベル提供者だ」という記事を書きましたが、実績としては相当のもののように感じます。

つまりあのブローカーもこのブローカーも、元をたどればTradeviewだった、という可能性は意外に高いということです。

データセンタの所在がつかめている以上、ある程度解析をすればブローカーがホワイトラベルか否かは探ることができます。

しかしそういった、ホワイトラベル企業を詮索するよりも、提供元であるというTradeviewそのものをダイレクトに利用することのほうが安全・透明性が高いというのは言うまでもないことです。

特報! Project OPA カウントダウン開始!!

11Days 18Hours 24Minutes 29Seconds
以下はまだ未定稿ではございますが、いち早く情報を得られたい方は、お気軽にお問い合わせください。すでに多くの方から連絡を頂戴しております。

 

時は令和、AI時代の火蓋が切って落とされました。

AI時代には過去のトレードロジックは意味のないものとなるのでしょうか?

手動トレードと自動トレード、どちらがいいのでしょうか?

今回は皆様が常々抱いている全ての固定観念をぶち壊すお話と、世界最高峰と自負する完全オリジナルEA(FXの自動売買ソフト)、そして、長年信頼と実績の「WallStreet Forex Robot」という、EAをお届けしたいと思います。

この記事に出会ったあなたは、きっと自動売買と、手動取引両面の真理について、多くのトレーダーよりも詳しくなっているとともに、真実の世界を垣間見ることとなるでしょう。

  • Sentiment Analysis日本語訳版(4,200円)
  • Wallstreet Forex Robot 正規ライセンス(37,000円)
  • PBEA(自動売買ツールfor Japanese)(39,800円)
  • OPA(自動売買ツール)(1,500,000円~PRICELESS)
  • Tradeview優待口座(PRICELESS)
  • その他の個別サポート

※すべての特典を受けるためには、口座開設金額等に条件がございます。

これらの全貌を知りたい方は以下から

Tradeviewについて

【動画検証】MT5のTradeviewのILC口座のスプレッドが”0”になった日
https://youtu.be/ed8awDm_QLo MT5の完全ゼロスプレッド すでに動画のアイキャッチでご覧いただいている通り、実は左上のユーロドルのスプレッドが0ポイントになっています。買いと売りがジャスト同じ値で成立しているという奇跡。 その他の通貨(USDCAD, GBPUSD)に関してもおおむね0.6~0.8pipsと、通常ではなかなか考えられない超狭環境。 これはIB(仲介登録)関係なく、優れています。 ここで1ロットを注文したときに係るのが手数料(comission)です。 通常1ロット500円でありますが、IBはこの価格の得単を提示することが可能です。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。  

続きを読む

【裏話】Tradeview潰しのために平気で嘘の記事を書いて XMを持ち上げたい方々
【Tradeview最新情報】入金上限9000万、日本国内銀行送金1日、限界への挑戦が続く。(2019/9/18)
【Tradeview】仮想通貨のMT4のプライスが固まる(フリーズする)場合【裏技要注意!】
【TVFX】TVの仮想通貨(BTC・XRP)トレードは持越し手数料に注意!持ち越さず、スキャルとして活用せよ!!

「Tradeviewについて」記事をもっと見る