Tradeviewの営業資料から判明するその安全性の高さ(入出金トラブルゼロなど)

営業資料の一部(アピールポイント)

TV側のアピールポイントについて紹介する。

きっとユーザーには役立つ

[voice icon=”https://lh-fx.com/wp-content/uploads/2019/05/img_5ce966e7a507b.png” name=”TVチーフ” type=”l”]弊社のセールスポイントといたしましてスプレッド、約定のシステムのウェブページ、
特長を纏めましたものを以下にお送りいたします。[/voice]

・注文執行

業界最小スプレッド
業界最高水準の約定力
対称スリッページ
リクオートなし
追証なし(ゼロカット)

・信用度

CIMA(ケイマン諸島金融庁)許認可
ライセンス番号・監査証明書公表
1顧客最大35,000ドルの資金補償
外部監査機関 MAINSTREAM社の会計管理
大手銀行による顧客資金の分別管理

・取引環境

ECN・NDD・DMAの透明性
独自のInnovativeLiquidityConnector
プライムブローカー5社と契約(2019現在6社に増
株式・先物・オプションの提供
6種類の取引プラットフォーム

・顧客サポート

24時間日本語サポート

過去に入出金トラブルなし

機関投資家にも柔軟な対応

全社員が金融業界長期経験者
US社員はほぼ米国金融資格所有

・長年の実績

2004年創業の歴史
2000以上の登録IB
100以上のホワイトラベル
多業態に即対応できる経験
世界の批評サイトで高評価

入出金トラブルゼロは安心

過去に入出金トラブルなし 謳っている点は、取引の出口を求めるユーザーにとっては最高の安心材料かと思います。

もちろん営業日ベース等の遅延などはあるかもしれませんが、根本的に着金しない、出金できないということがないという点においては信頼が固いでしょう。やはりケイマン金融の認証を得るためのたゆまなる努力がうかがえるところです。

ホワイトラベルにも注目

一般には気づきにくい要素として、「100以上のホワイトラベル」とあります。

以前「TVはホワイトラベル提供者だ」という記事を書きましたが、実績としては相当のもののように感じます。

つまりあのブローカーもこのブローカーも、元をたどればTradeviewだった、という可能性は意外に高いということです。

データセンタの所在がつかめている以上、ある程度解析をすればブローカーがホワイトラベルか否かは探ることができます。

しかしそういった、ホワイトラベル企業を詮索するよりも、提供元であるというTradeviewそのものをダイレクトに利用することのほうが安全・透明性が高いというのは言うまでもないことです。

【参考】弊社Tradeviewのプラン

当サイト完全推奨のTradeview。当サイトからの参加でプランが激安になります。

  • Tradeview ILC:1ロット300円(最安環境です)
  • Tradeview Xレバレッジ:800円程度のスプレッド割引(スプレッドが狭い環境を提供します)

【条件は入金最低金額のみ】
ILC:400万円→10万円
Xレバ:1万円

※追加アカウント開設の方はこちらから

最強EA【OPA】…それは今なお最高益を更新し続ける。

βテスト版の研究を経て問題点を洗い出し、ついに現行の”OPA=NEW”が完成。
2020年2月の運用からわずか1月もない間に、コロナショック、つまりリーマンショック級の未曽有の相場混乱状態に見舞われました。しかしOPAは難なくその荒波を乗りこなし、爆益をたたき出したのです。

その快進撃は2020年8月現在も留まることを知らず、最高益を更新し続けています。

月次別で確認しても、4月以外のほとんどの月で勝利となっています。

そして…リアルトレードでは稼働5か月弱で100%オーバー…驚異的な結果となっています。

OPAの3ロジック

メインロジックは、「Aurora」「Kite」「Mito」の3種類から成り立ちます。なおこれらの一つ一つは数百のサブロジックから構成されている大変複雑なものです。

いずれもThangが著した「Sentiment Analysis」をベースに構築したEAとなっています。

Aurora(オーロラ)

 long term swing trading target for 200-1000 pip trends
(200-1000pipsの長期スイングトレードでの爆発力を目指す)

Kite(カイト)

hunt for stop loss zone of retail traders and trade on the same side of smart money
(リテール(ブローカーなど)のストップロスゾーンを探し、SA理論のSMサイドでの取引)

Mito(ミト)

 short term intraday strategies based on sentiment analysis and momentum
(SA理論とトレンドの勢いに基づいた短期トレードストラテジ)

Strategy Analyzerによるバックテスト

0.1ロット固定(2005-2020)

メイン通貨のみで約1299259ドル(約1.4億円)という安定かつ絶大な仕上がりとなっております。
また、固定ロットでこの性能はほとんど見かけないと言って過言ではないでしょう。
(→MT4によるバックテストはこちら

本気のEAに出会えたあなたに祝福を!!

トレードシステム部門に長年在籍し、投資理論を完全解明させたThang氏による渾身のEA、「OPA」ついに始動!

このEAには、偽商材やただEAを売るためのEAの呪縛から解放されてほしいという、私たちの切なる願いが込められています。

改めて結果を確認しましょう。

これは投資家の資金の増減で、バックテストとは同様のグラフ描画にはなっていませんが、

しかし僅か5か月で55%という、大きな利益を上げていることが分かります。

勝ち組になるための最後の手段、それがOPAです。

全貌を知りたい方は以下からどうぞ。

【参加条件】日本円で50万円~

※参加検討に当たっては、重要事項などを良くお読み下さい。

Tradeviewについて

【Tradeview】正当に補償が払われた実例と補償のための対策(私の体験談)
1月16日ごろ、MT5での価格配信が一時止まるという事態が発生しました。 このことについてはあまり公式でアナウンスされていないのですが、 利益の機会を逸した方もいらっしゃるかもしれません。 今回私も損失を発生させてしまいましたが、交渉により 補償となりましたので、そちらについて紹介をいたします TPとSLを設定したオーダー 上の画像を参照ください。値段が飛んでいるのがわかりますが、この間はMT5の 配信がストップしていたようです。 私はこの通貨に対して買い(ロング)をかけていたのですが、オーダーと同時に、 SLとTPを設定しておりました。それが赤い点線です。 価格配信回復後、明らかにTPに達しているのがわかりますが、決済されていません。 結局通貨は下落し、SLにひっかかかることになります。 オーダーログを提出する オーダーログは、 MT5orMT4の画面左上の「ファイル(File)―データフォルダを開く(Open Data Folder)」 から、「logs」というフォルダ内に日付別に格納されています。

続きを読む

【2019年11月11日速報】MT5よりMT4の方がスプレッドは狭い! というかMT4が狭くなりすぎた!! 当面はMT4が好まれるか?
【動画検証】MT5のTradeviewのILC口座のスプレッドが”0”になった日
【裏話】Tradeview潰しのために平気で嘘の記事を書いて XMを持ち上げたい方々
【Tradeview最新情報】入金上限9000万、日本国内銀行送金1日、限界への挑戦が続く。(2019/9/18)

「Tradeviewについて」記事をもっと見る

English English Japanese Japanese French French German German Italian Italian Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Spanish Spanish