【裏話】FXで勝ち続けるために行ったことと教訓と

OPAがリリースしてからしばらくFX実況的配信はお休みしておりますが、FX配信においても驚異的な勝率を誇って参りました。

28勝2敗+425pips というのが配信して約20日の結果であり、なかなか一般にはこのような勝ちを上げるのは難しいのではないかと思います。

今回の記事は、どのようにして利益を上げられるか、そのエッセンスを共有したいと思います。

動画の方が記事より暴走して詳しく分かりにくくなってますが、重要だと思います‥笑 こちらもどうぞ。

失敗からの教訓

まず大きな失敗の教訓は、Dattong氏です。

彼はグローバルレベルでもハイクオリティなトレードをすることで人気を集めました。

しかし結果としてシグナル配信はあまりにズタボロで、化けの皮がはがれるという結果になってしまい、現在私としては彼を信用しきれていません。

なぜ配信がズタボロなのかの原因を考えると、おそらく自動配信に頼ろうとしたからであり、EAに近い何かを稼働させているからと考えます。

EAは一朝一夕に研究開発できるものではありません。OPAの開発も初版は完全に失敗しており、そもそものトレードスキルがあっても、EA開発力と直結するものではないのです。

自らの能力を過信することにより、配信は失敗していますが、そんな彼が自らでチャートを分析する眼については、優れているものと感じます。

彼がトレードを行っているのは主に1時間足と4時間足です。とりわけ好調だった時代は4時間足をメインに分析し、1時間足をサブの役割としていました。

私が教訓として彼から得たのは、この純粋なチャートの組み立てです。「4時間足」「1時間足」というのは、今の私のトレードスタイル及び動画配信となっています。

Sentiment Analysisが教えてくれたもの

SL/TPの設定とこまめな調節

SA理論というのは極端に言えばストップロスから逃げない、というのが主張の一つです。

その他にも、オープンオーダーによるSL/TPなどの考え方もあるのですが、一般人である我々がトレードに落とし込めることといえば、このSL/TPの設定でしょう。

SL/TPの設定に関しても、とりわけ手動トレードで名声を博していたころのDattongは機敏であり、利益が伸びていく頃に、SLをエントリーポイントまで上げて、損失を防ぐということを行っていました。

負けトレードを排するという考え方は非常に興味深い*ものでありますがいずれにしても、SLとTPの設定を欠かさないということは一つの教訓です。

*SLをエントリーポイントに動かす方法は、長い目で見れば早期利確を促すことから良くないと解される場合もある。

ファンダメンタルズ的な分析

あなたはチャート派とファンダ派、どちらでしょうか。チャート派は、ファンダメンタルズが織り込まれ表出したものがチャートである、なのでファンダ派不要だと主張だれますが、実際にそうでしょうか。

私はやはりファンダメンタルズ的な検証も大事だと思います。

少しややこしい話ですが、オープンオーダーもファンダとしての指標も、基本的には数字です。議長の声明など数値に表しにくいものもありますし、今般のウイルス問題も直ちに数値化しにくいといった例外はあったとしても、基本的には数字で成立しているものです。

これらの数字のバランスによって通貨の強弱が決定してゆくのであれば、逆に言えばファンダもテクニカルの一種とも言えます。

したがってテクニカル”指標”の一つとしてファンダを取り入れるというのが最も適切な道ではないかと思います。

Dattong氏はテクニカルトレードのみといって過言ではありませんが、このトレードの感覚でつかみきれない部分があるとすれば、それはファンダ面での不安定な動きでしょう。

ありふれたツールでいい

あまり大きな声では言えませんが、基本的にはmyfxbookなどの情報などを眺めていたら何とかなります。

SAにおいても、myfxbookのデータで検証しているところがありますが、このサイトは古く見た目もずっと変わっていないながら、不変の価値があります。

しかしそれになかなか気が付かないのが人間です。マスクがこれほど高価なものになると予想だにしなかったのと近いかもしれませんが、myfxbookはあまりにありふれたツールゆえに、非常に見過ごされがちです。

同サイトにはさまざまなツールが存在しますので、じっくり覗かれることをおすすめいたします。

ファンダがテクニカルという結論

ファンダ自体がテクニカルでも、いいのではないか、ということです。人は無理に何かの属性をカテゴライズしすぎだと思いますが、一緒になって判定してみてもいいのではないでしょうか。

まとめ

  • 第一層:チャート
  • 第二相:ファンダ(指標)
  • 第三層:経済情勢(要人発言)
  • 第四層:オーダーブック

これらのなかでどれが今、ホットスポットなのかを探って、そのホットスポットが指し示す流れに意識しながらトレードするというのが望ましいということです。

ご参考になれば幸いです。

【参考】弊社Tradeviewのプラン

当サイト完全推奨のTradeview。当サイトからの参加でプランが激安になります。

  • Tradeview ILC:1ロット300円(最安環境です)
  • Tradeview Xレバレッジ:800円程度のスプレッド割引(スプレッドが狭い環境を提供します)

【条件は入金最低金額のみ】
ILC:400万円→10万円
Xレバ:1万円

※追加アカウント開設の方はこちらから

最強EA【OPA】…それは今なお最高益を更新し続ける。

βテスト版の研究を経て問題点を洗い出し、ついに現行の”OPA=NEW”が完成。
2020年2月の運用からわずか1月もない間に、コロナショック、つまりリーマンショック級の未曽有の相場混乱状態に見舞われました。しかしOPAは難なくその荒波を乗りこなし、爆益をたたき出したのです。

その快進撃は2020年8月現在も留まることを知らず、最高益を更新し続けています。

月次別で確認しても、4月以外のほとんどの月で勝利となっています。

そして…リアルトレードでは稼働5か月弱で100%オーバー…驚異的な結果となっています。

OPAの3ロジック

メインロジックは、「Aurora」「Kite」「Mito」の3種類から成り立ちます。なおこれらの一つ一つは数百のサブロジックから構成されている大変複雑なものです。

いずれもThangが著した「Sentiment Analysis」をベースに構築したEAとなっています。

Aurora(オーロラ)

 long term swing trading target for 200-1000 pip trends
(200-1000pipsの長期スイングトレードでの爆発力を目指す)

Kite(カイト)

hunt for stop loss zone of retail traders and trade on the same side of smart money
(リテール(ブローカーなど)のストップロスゾーンを探し、SA理論のSMサイドでの取引)

Mito(ミト)

 short term intraday strategies based on sentiment analysis and momentum
(SA理論とトレンドの勢いに基づいた短期トレードストラテジ)

Strategy Analyzerによるバックテスト

0.1ロット固定(2005-2020)

メイン通貨のみで約1299259ドル(約1.4億円)という安定かつ絶大な仕上がりとなっております。
また、固定ロットでこの性能はほとんど見かけないと言って過言ではないでしょう。
(→MT4によるバックテストはこちら

本気のEAに出会えたあなたに祝福を!!

トレードシステム部門に長年在籍し、投資理論を完全解明させたThang氏による渾身のEA、「OPA」ついに始動!

このEAには、偽商材やただEAを売るためのEAの呪縛から解放されてほしいという、私たちの切なる願いが込められています。

改めて結果を確認しましょう。

これは投資家の資金の増減で、バックテストとは同様のグラフ描画にはなっていませんが、

しかし僅か5か月で55%という、大きな利益を上げていることが分かります。

勝ち組になるための最後の手段、それがOPAです。

全貌を知りたい方は以下からどうぞ。

【参加条件】日本円で50万円~

※参加検討に当たっては、重要事項などを良くお読み下さい。

English English Japanese Japanese French French German German Italian Italian Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Spanish Spanish