XMで禁止されていることのすべてがTradeviewで出来る驚愕の事実(指標・両建て・スキャOK)

XMはFXブローカーの最高峰と言われることが多いですが、何故か規制が多いことで知られています。(いや、あまり知られていないのかもしれませんが)

とても詳しいサイトがありますので見出しのみを引用させていただくことにしよう。

1 複数口座間で両建て取引の禁止

2 他業者間(2業者以上の間)での両建て取引の禁止

3 友人/グループ内で両建てや裁定取引の禁止

4 裁定取引の禁止

5 接続遅延・レートエラーを利用した取引の禁止

6 ボーナスやXMPを悪用する取引の禁止

7 高いレバレッジで経済指標トレード

8 週明け窓狙いのトレード

9 XMの取引で利用規約違反にならないための注意事項まとめ

こちらについて、Tradeviewはどうかというと…

1 複数口座間で両建て取引の禁止→できる

2 他業者間(2業者以上の間)での両建て取引の禁止→できる

3 友人/グループ内で両建てや裁定取引の禁止→できる

4 裁定取引の禁止→できる

5 接続遅延・レートエラーを利用した取引の禁止→禁止ではない

6 ボーナスやXMPを悪用する取引の禁止→該当なし(ボーナスが存在しないので)

7 高いレバレッジで経済指標トレード→できる

8 週明け窓狙いのトレード→できる

ごめんなさい全部できちゃうんです……

なぜ?

これを見てあなたはなぜ?という疑問符がついて離れないだろう。きっと以下の二つについて疑問を持たれているはずだ。

  • TVってめちゃくちゃ規制ゆるくない?
  • いや、XMって厳しすぎないか?

そうです。TVが当たり前の日常になっている私にとっては、XMは不自然なほどに規制が厳しいです。

XMのグレーゾーン感

XMが仮にA-Bookだとすれば、絶対規制しないものがあります。それは「高いレバレッジで経済指標トレード」です。

オーダーを市場に流すA-Bookがこのトレードを否定するのは意味がわからないからです。

このほかにも、「裁定取引」「他業者間での両建て」など、A-Bookであれば規制する必要がないものまで規制されています。

このことからもXMはノミ業者ではないか?という可能性が浮上するわけです。

ちなみに引用させていただいたサイトの内容はとても見やすいのですが、記述に関しては実は不明な点があります。

(なぜ裁定取引=アービトラージが禁止なのかの解釈)

他業者間の裁定取引をした場合、一方の業者で不利に損失に繋がってしまうことがあるためです。

裁定取引と一言にいっても様々なやり方があり、悪用した裁定取引を見抜くことが困難なため、すべての裁定取引が禁止されています。

「ふむふむなるほど、悪用したアビトラの可能性もあるからダメなんだね(´・ω・`)」と納得しちゃった方は騙されやすいですよ。

注文が通りさえすれば売り買いの需給がマッチしているだけなので、不正もくそもない。外れたレートを拒むというのはマーケットに流していない可能性さえある。

逆にTradeviewは大丈夫?

TVに関しては、逆に大丈夫?という要素もあります。

A-bookならではの要素(指標トレード、高速スキャル)は問題ないとして、

両建てOKとか、システムエラーのトレードも容認しているとか、確実に赤字覚悟じゃないですか。

全てはユーザーの為を想い、我慢すべくは我慢し、ニーズにこたえるというのがTradeviewの男らしさであり、私が愛するゆえんです。

Tradeview担当の声

最後に裏付けとして、TV担当チーフとのやり取りの記録をそのまま残しておく。引用箇所は一字一句変えていない。

Q.追証は発生するのか?

Aブックブローカーですが追証は弊社が負担いたしております。
Q.システムの穴を突いたようなトレードはまずいのか。
システムエラーによりポジションに損失が発生した場合も弊社で補填をいたしております。

Q.FXだけでなく仮想通貨もAブックなの?

FXも仮想通貨も全てAブックです。その為、弊社には以下のような取引禁止事項がございません。
・FX異業者間での両建て
・超短期取引(秒スキャルピング)
・指標発表時のトレード

[box class=”glay_box” title=”実は…”]

パンフレットに一行で集約されています。

シンプル過ぎて伝わらんわ!笑

[/box]

良識を持ったトレードが望ましい

Tradeviewはプロ向けのブローカーでもあるので、基本的に良識のある方が利用されています。

上のような手法の中には、確実にTradeview側の損失になるにもかかわらず、我慢しているものもあります。

手法として禁止されないという自由感を感じつつ、常識的なトレードを心がけるというのもいいかと思います。

神様は何も禁止なんかしてない……

他社比較

【コラム】ePaymentsは日本人顧客を舐めている!ID認証されない場合はとにかく押し込むこと!
EU圏を中心とした、国際送金サービスの一つの柱として知られる”ePyaments”。 口座開設が妙に苦労しました。体験談を共有して、ぜひお役立ちいただければと思います。 ID文書が弾かれる。 まずePaymentsの本人確認のために、文書をいくつかアップロードしなければなりません。 しかしこれがなかなか却下される。(私の場合は) 最初に私は 残高証明書(英文) 電気料金票 住民票 全てを提出してもダメでした。 全部提出してなお送られてきたカスサポのメッセージがこちら。 ePyaments こんにちはYOU!私たちはあなたの文書を見直しました。ご覧のとおり、銀行証明書がアップロードされました。私たちが受け入れるファイルのリストにないのではないかと思います。今日では私たちは受け入れることができません: 1。光熱費(ガス、電気、水道、インターネット、固定電話) 2。取引を伴う銀行取引明細書3。 3.住所を記載した銀行の参照書簡。 4.クレジットカード/デビットカードの明細書。 5.住宅ローン(住宅ローン)ステートメント

続きを読む

【LP数】価格受け入れ先、Axioryは13、Tradeviewは200+。 あなたはどちらの住民になる?
【BOは危険】最大手のハイローオーストラリアのとんでもない契約条項wwwww
VPS選びのコツと真理 お名前.comおじさん「お名前.comがいいぞ」 Tradeview×WIN-VPSで1ms台だけど何か?
XMとTVの滑り(スリッページ)頂上対決! ブローカーの性能、どちらに軍配が上がるか!?

「他社比較」記事をもっと見る