XMとTVの滑り(スリッページ)頂上対決! ブローカーの性能、どちらに軍配が上がるか!?

スリッページ(滑り)の罠

スプレッド(買いと売りの価格差)が狭くても、いざ発注をしようとしたら約定の価格が滑ってしまえば、結局のところ実質スプレッドは見た目より広いということになってしまいます。
[box title=”例えば”]
100.00円で購入しようとしたのに、約定が滑って、100.02円になった
100.10円で売ろうとしたのに、約定が滑って、100.08円になったとすると、
本来の獲得利益が0.10円(10 pips)だったところ、実際の利益が0.06円(6 pips)になるという潜在的な損失を被ります。
この、滑った分(4pips)がブローカーの手数料になっている可能性があり、表面上スプレッドが狭いように見せかけていても、見えないところで搾取されているかもしれないということです。
[/box]

WSFRのBSMで滑り判定が可能

FXのEAの歴史の中で、金字塔作品ともいえるEAの一つが、WSFR (WallStreet Forex Robot)というものがあります。

このEAのインフォパネルではBSM(Broker Spy Module)というものがあり、ブローカーの真の性能を判定することができます。

これ自体を単体で販売できるのでは?というほどのなかなか意欲的な機能であり、使わない手はありません。

早速具体的画像をもとに、見ていきましょう。

XMの場合

EUR/USDです。(XM ZERO口座)

例えば0(0)とある場合、左の数字が、現在のオープンポジションの情報、右が累計の記録となっています。

したがって見るべきは()内の数字です。主要なものを抽出しましょう。

  • 試行回数:10
  • 平均エントリースリッページ(-0.09)
  • 平均イグジットスリッページ(0.01)
    トータル平均:-0.08

マイナススリッページということは、有利な方向に約定しているということになります。

Tradeviewの場合

こちらもEUR/USDです。(TV Standard口座)

  • 試行回数:19
  • 平均エントリースリッページ(-0.05)
  • 平均イグジットスリッページ(-0.01)
    トータル平均:-0.06

誤差レベルだがどちらも優秀

XMのスリッページの実力も、なかなか高いですね。
TVは試行回数が約2倍ですが、それでも安定した結果を出しています。

[aside type=”warning”]

スプレッドに関する補足

画面をまじまじ見られた方は、「おやっ?」と思われたかもしれません。

  • XM(ZERO)の平均スプレッド:0.69
  • TV(standard)の平均スプレッド:2.23

XM ZEROの場合手数料が10万ドルにつき10ドルかかります。
手数料概念が一般の方にはわからないように設計されているのですが、pips換算で約1.3pipsとなり、合計すると1.99pipsが実質スプレッドです。二者の比較ではXMの方がトータルをとっても有利には見えます(ただしTVにはさらに手数料が安いILC口座があります)

[/aside]

結論:決着はつかず

ブローカーの滑り等の性能に関しては決着はつきませんでした。

したがって、スリッページなどを条件にしてブローカーを選ばれる場合は、XMもTVも等しく、安心できると考えていいでしょう。

それ以外の要素(リンク先関連記事)などにも注意を払いながら選択されるのが望ましいと思われます。

他社比較

【コラム】ePaymentsは日本人顧客を舐めている!ID認証されない場合はとにかく押し込むこと!
EU圏を中心とした、国際送金サービスの一つの柱として知られる”ePyaments”。 口座開設が妙に苦労しました。体験談を共有して、ぜひお役立ちいただければと思います。 ID文書が弾かれる。 まずePaymentsの本人確認のために、文書をいくつかアップロードしなければなりません。 しかしこれがなかなか却下される。(私の場合は) 最初に私は 残高証明書(英文) 電気料金票 住民票 全てを提出してもダメでした。 全部提出してなお送られてきたカスサポのメッセージがこちら。 ePyaments こんにちはYOU!私たちはあなたの文書を見直しました。ご覧のとおり、銀行証明書がアップロードされました。私たちが受け入れるファイルのリストにないのではないかと思います。今日では私たちは受け入れることができません: 1。光熱費(ガス、電気、水道、インターネット、固定電話) 2。取引を伴う銀行取引明細書3。 3.住所を記載した銀行の参照書簡。 4.クレジットカード/デビットカードの明細書。 5.住宅ローン(住宅ローン)ステートメント

続きを読む

【LP数】価格受け入れ先、Axioryは13、Tradeviewは200+。 あなたはどちらの住民になる?
【BOは危険】最大手のハイローオーストラリアのとんでもない契約条項wwwww
VPS選びのコツと真理 お名前.comおじさん「お名前.comがいいぞ」 Tradeview×WIN-VPSで1ms台だけど何か?
XMとTVの滑り(スリッページ)頂上対決! ブローカーの性能、どちらに軍配が上がるか!?

「他社比較」記事をもっと見る